MATERIALS #サーキュラーエコノミー 素材の一覧

CXP

NEW

国際的な森林認証「PEFC」を取得した、林業副産物を原料とするプラスチック代替木材。

  • #サーキュラーエコノミー
  • #バイオポリマー
  • #アップサイクル
  • #生物由来
  • #アジア
  • #木材
  • #やわらかい
  • #かたい
  • #熱可塑性
  • #サスティナブル
  • #サーフェス
  • KYOTO
  • TOKYO
  • NAGOYA

Kurotani washi

黒谷和紙は京都府綾部市黒谷町・八代町と、その周辺地域で作られた紙です。

良質な楮(こうぞ)を原材料として、職人により「手漉き」(てすき)で、一枚一枚が丁寧に作られます。
黒谷和紙は丈夫で強く、長持ちするのが特長です。
大正時代には政府から日本一強い紙として認められ、乾パンを入れる袋としても重用されました。

  • #サーキュラーエコノミー
  • #しなやか
  • #アジア
  • #伝統工芸
  • #紙
  • #繊維
  • #サスティナブル
  • #日本
  • KYOTO

Hair mat

廃棄される毛髪から作られた環境保全の為の素材

  • #サーキュラーエコノミー
  • #アップサイクル
  • #造形
  • #サスティナブル
  • TOKYO
  • KYOTO

Hikkake

模様の輪郭をかたどった金型で繊維をすくい、模様をつくる越前和紙の技法「ひっかけ」。
越前和紙ならではの技法のひとつ。

  • #サーキュラーエコノミー
  • #しなやか
  • #アジア
  • #伝統工芸
  • #紙
  • #繊維
  • #サスティナブル
  • #日本
  • KYOTO

TOWADAISHI

秋田県大館市比内町のみにて産出する緑がかった希少鉱石。
正式名称は「緑色凝灰岩」。

  • #サーキュラーエコノミー
  • #アジア
  • #かたい
  • #遮光
  • #サスティナブル
  • #日本
  • KYOTO

人造大理石

主にキッチンカウンターなどで活用される、機能性、意匠性、堅牢性に優れた、高級感のある空間を演出する建材端材です。

  • #サーキュラーエコノミー
  • #アップサイクル
  • #かたい
  • #造形
  • #サスティナブル
  • TOKYO
  • KYOTO

Richlite

再生紙にフェノール樹脂を含浸させた素材。天然木のような風合いがあり耐久性や耐熱性も併せ持つことから、建材や楽器のパーツなど、様々な場面で使用されています。

  • #サーキュラーエコノミー
  • #アップサイクル
  • #紙
  • #樹脂
  • #かたい
  • #遮光
  • #造形
  • #サスティナブル
  • #日本
  • TOKYO
  • NAGOYA
  • KYOTO

ReTA BASE

日本発、樹脂のサーキュラーデザインプロジェクトから生まれた、使用済みストレッチフィルムのアップサイクル素材。

  • #サーキュラーエコノミー
  • #アップサイクル
  • #しなやか
  • #イージーケア・メンテナンスフリー
  • #樹脂
  • #繊維
  • #やわらかい
  • #軽量
  • #サスティナブル
  • #触感
  • #サーフェス
  • #日本
  • KYOTO
  • TOKYO
  • NAGOYA

FISH LEATHER

なめし処理をほどこした「魚の革」。
魚ならではの美しい鱗模様が特徴的で、魚特有の繊維がクロスハッチ構造になっている為、薄さからは想像できない程の強度があります。

  • #サーキュラーエコノミー
  • #アップサイクル
  • #しなやか
  • #生物由来
  • #人工皮革
  • #染色
  • #アジア
  • #繊維
  • #皮革
  • #やわらかい
  • #軽量
  • #フレキシブル
  • #サスティナブル
  • #ウェアラブル
  • #触感
  • #日本
  • KYOTO

Setomono Corrugated Board

陶器のサーキュラーエコノミー、瀬戸焼の廃材から作られた「せとものダンボール」

  • #サーキュラーエコノミー
  • #アップサイクル
  • #伝統工芸
  • #セラミック
  • #サスティナブル
  • NAGOYA
  • TOKYO
  • KYOTO