How to use Optix

Optix登録方法:

以下のURLからご登録をお願いします。
https://forms.gle/byhHZK2Hf3eqzqYD8

 

以下のステップに従って登録をお願いします。

STEP.1

以下のURLからお申し込みください。
https://forms.gle/byhHZK2Hf3eqzqYD8

STEP.2

【URL】

アプリケーションでできること:

 

 

  1. MTRLへのチェックイン
  2. 席の予約
  3. ご請求の支払いと確認
  4. 支払い方法の選択(クレジットカード)
  5. プランの確認と変更
  6. MTRLコミュニティの参加とコミュニケーション
  7. 運営への問題点のレポート

1. MTRLへのチェックイン

まずMTRLを利用の際はアプリからチェックインをお願いしております。
各種端末からロケーションの設定により、自動チェックインを行うことができますので、
そちらをおすすめしております。

また以下の画像のようにアプリのメニューよりマニュアルでログインも可能となっております。

2. 席の予約

MTRLのスクリーン側のフロアはミーティングなどに利用頂けるように、
アプリ上のメニュー「Book a desk」から席の予約/確認を行うことができます。
予約のはいっていない場合もご自由にご使用いただけます。
※Book a roomの機能は現在のところご使用いただけません。

 

3. ご請求のお支払いと確認

Invoicesから現在と過去の請求のご確認を頂けます。
またメールのアイコンマークからメールで請求書を送ることも可能です。
また請求方法をあなた個人もしくはチームからを””Payment Methods”のからお選び頂けます。

 

4. プランの確認と変更

“Plans”からあなたの現在のプランをご確認いただけます。

5. MTRLコミュニティの参加とコミュニケーション

アプリメニューには”Community”と”Connect”と2種類のコミュニケーション手段があります。”Community”では不特定多数にアナウンスが可能となっておりますので、なにかMTRLの最新情報およびにイベントの情報なども随時更新いたします。

“Connect”では特定の人物に直接メッセージやプロフィールなどもご確認いただけます。

6. 運営側への問題点の共有

もしMTRLご利用中に何か問題や疑問がある場合は、
“”Contact Admin”からMTRL管理メンバーにご連絡して頂けます。

WiFiの接続が悪い、プリンターの調子が悪い、音がうるさいなどの問題を
”Report an Issue”から各種の問題を管理者に素早く共有することもできます。

運営

FabCafe LLP, COO
川井敏昌

外資系企業にてクリエイティブ分野の人材コンサルティングサービスを提供する一方、メーカーとのブランド開発、商品開発のコーディネーターとして経験を積む。2006年にロフトワークに参加し、クリエイティブdivのリーダーとして大規模サイトやコンテンツ開発プロジェクトを手がける。その後、2009年より3年間シンガポールの広告代理店でデジタルストラテジックプランナーとしてアジアパシフィックのプロモーション企画を担当。2012年3月FabCafe参加のため日本へ帰国。

ロフトワーク / FabCafe MTRL, プロデューサー
小原 和也

2015年ロフトワークに入社、プロジェクトスペースFabCafe MTRLプロデューサーとして新しい価値創出に向けたコミュニティ、プロジェクト、新規事業の創出に携わる。編著に『ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する』(フィルムアート社、2015)がある。あだ名は弁慶。

(参考事例) loftwork.com 「3日間でアイデアを形に。素材開発プロジェクト

FabCafe Tokyo, プロデューサー
大西陽

トロント出身。高校卒業後、ファッションを学ぶために渡欧。欧州を中心にアート・ファッションにかかわるプロジェクトを企画・運営。帰国後、デザイン、テクノロジー、食、農業など幅広い分野に対してデザインリサーチを通して領域横断的な企画、設計、ディレクションを行う。

MTRLは世界3拠点(東京・京都・香港)に展開する、「素材」をテーマとしたクリエイティブプラットフォーム。日々行われるイベントやプロジェクトを通して、クリエイターが実際に素材に「触れ」インスピレーションを得ることで、新たなクリエイティブが生まれる場を目指しています。 https://mtrl.com/