TANGO SILK CREPE

"海の京都"の歴史と風土が育んだ優美で機能的な織物。

サンプル展示

KYOTO(京都市下京区)

TOKYO(東京都渋谷区)

×

※最新の取扱状況は直接お問い合わせください。

1mあたり3,000回程度の強い撚りをかけた緯糸(よこいと)を使って織ることによって生地の全面に出た「シボ」と呼ばれる細かい凹凸が特徴の織物。
ふんだんに使う絹糸と「シボ」のもつ独特の柔らか味により、しなやかでシワになりにくく優美で、肌触り良く柔らかな感触を持つ。
江戸時代に京都より持ち帰った技術が地域の一大産業として根付き、水が温で雨が多く多湿な丹後地方の気候風土によって育まれてきたストーリーのある素材。

この素材もおすすめ