MATERIALS

/Hikihaku

From京都 |

その表情は無限大。箔と加工の技で質感と金属光沢をデザイン

『引箔(ひきはく)』は、和紙の表面に金銀箔あるいは金銀粉で模様を施し、それらをごく細く裁断してつくる、煌びやかな糸。西陣織のベースとなる素材のひとつとして古くから重用されてきました。多様な加工の技によって、重厚な金属質感と光沢感、微妙なグラデーションやパターンの表現を織物に与えることを可能にしています。

  • FabCafe MTRL
  • MTRL KYOTO
  • サンプル購入可能