• News&Topics

関東経済産業局主催セミナーにて、長島絵未が 「サーキュラーエコノミーとデザイン経営」について講演します

MTRLチームの長島絵未が、関東経済産業局主催「時代の潮流から学ぶビジネス戦略 知の活用セミナー」(令和5年度知財活用普及支援事業)にて、登壇します。イベントのテーマは「サーキュラーエコノミー最前線。積極企業に聞くビジネス活用法と知財」。長島は、「サーキュラーエコノミーとデザイン経営」というテーマで基調講演を行います。ロフトワークが取り組んできたサーキュラーエコノミーの事例や、デザイン経営との関係をご紹介します。
中小企業経営者、地域中小企業支援機関、金融機関等の皆さま、ぜひご参加ください。

セミナー概要

「時代の潮流から学ぶビジネス戦略 知の活用セミナー」(令和5年度知財活用普及支援事業)

地域を支える中堅・中小企業等が「稼ぐ力」を向上し、「利益率を上げる経営」にシフトしていくためには、競争力の源泉となり得る「知財」を経営に活かす取組を強化することが不可欠です。そこで中堅・中小企業の皆様を対象に、社会のトレンドやニーズを捉えたテーマと知的財産の観点を掛け合わせたセミナーを10月から5回シリーズでハイブリッド開催します。

サーキュラーエコノミー最前線。積極企業に聞くビジネス活用法と知財

日時: 令和6年1月16日(火曜日)14時00分~16時30分
場所: 川崎市役所新本庁舎(復元棟)301会議室(神奈川県川崎市川崎区宮本町1番地)、オンライン
内容:
御案内 サーキュラーエコノミーの基礎と国の最新動向(関東経済産業局)
基調講演 サーキュラーエコノミーとデザイン経営(株式会社ロフトワーク)
事例紹介 株式会社レゾナック、株式会社ワークスタジオ

参加費: 無料
定員: 現地参加:50名 ※先着順 オンライン:制限なし(視聴用リンクは後日送付します。)
(中小企業経営者・担当者、地域中小企業支援機関、金融機関等が対象)

主催: 関東経済産業局(請負事業者:株式会社きらぼしコンサルティング)
共催: 川崎市

登壇者

株式会社ロフトワーク, バイスMTRLマネージャー
長島 絵未

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、広告制作会社にてディレクターとしてイベントやデジタルコンテンツの制作を担当。展示や体験型広告の企画を通じて、身体性をともなう「体験のデザイン」に一層関心を抱き、2016年ロフトワークに入社。デジタルコンテンツを通じて、ものや媒体を取り巻くホリスティックなデザインの可能性を探る。趣味はECサイト巡り。
https://loftwork.com/jp/people/emi_nagashima

最新の記事一覧