TOKYO

EVENT
イベント終了

How to Make it Safe -誰かのためのものづくり- #1: フェイスシールド編

コロナウイルスの感染による不安が高まる医療の現場に、Makerたちが力を貸すべく、人工呼吸器の3Dプリントの協力のムーブメントが始まっています。しかし、実際に医療の現場に届けるためには、安全や感染に関する理解が必要です。医療とFabの間をつなぐための情報の共有やディスカッションを行うオンラインシリーズ。

開催日

2020/04/16 (木)

時 間

19:00–20:30

場 所

オンライン配信

参加費

無料

Peatixのサイトにリンクします

ABOUT

HOW TO MAKE IT SAFE
–誰かのためのものづくり–
シリーズ第一弾:『フェースシールドについて』

コロナウイルスの感染による不安が高まる医療の現場に、Makerたちが力を貸すべく、人工呼吸器の3Dプリントの協力のムーブメントからはじまり、様々な防護具の製作など取り組む方が増えてきています。しかし、実際に医療の現場に届けるためには、安全や感染に関する理解が必要となってきます。本イベントでは、医療とFabの間をつなぐための情報の共有やディスカッションを行いながら互いの理解を進めていきます。

このイベントはFab Safe Hubと共同で開催します。

Fab Safe Hubはデジタルファブリケーションにまつわる安全の情報を整理するためのウェブサイトです。本イベントのモデレーターである吉岡さんにより設立され、現在コロナウィルスの対策を中心に情報が上げられています。

 

抱えている課題

適切な情報共有ができていないことで、医療専門職または作り手に責任がふりかかってしまうことになるかもしれません。そうなれば、元々の始まりであった医療現場に物資を届けることもできなくなってしまいます。

「誰かのためのものづくり」が人を傷つけないためにも安全について考えることは重要になってきます。

 

モデレーター

株式会社NODE MEDICAL CEO/看護師/Medical Design Engineer
吉岡 純希

看護師の臨床経験をもとにテクノロジーの医療現場への応用に取り組む。​​病院でのデジタルアート「Digital Hospital Art」の実施。慶應義塾大学にて看護と3Dプリンタに関する研究「FabNurseプロジェクト」へ参画。 現在、株式会社NODE MEDICALを設立し、アート、デザイン、エンジニアリングと領域を越境し、医療の現場でのコラボレーションの社会実装を目指している。

OUTLINE

開催日 2020/04/16(木) 19:00–20:30
場 所 オンライン配信
参加費 無料

Peatixのサイトにリンクします