KYOTO

Meetup
受付中

Fab Meetup Kyoto vol.47

「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

開催日

2022/05/26 (木)

時 間

19:00–21:00 (開場 18:30)

場 所

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)MAP

定 員

25名

参加費

1000円(1drink付き)※ 学割:学生の方は学生証提示で50% OFF / ※ オンライン視聴のみの場合は無料

外部サイトにてお申し込みいただけます


新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、ご参加に際しては下記をお願いしております。
ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。


・マスクをご着用のうえご参加ください。
・ご来館時、館内洗面所での手洗いをお願いいたします。
・体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。
・政府および京都府・京都市から、店舗営業や展示企画について中止の要請を受けた場合、開催を中止する場合が生じます。

ABOUT

Fab Meetup Kyotoとは?

『Fab Meetup Kyoto』は、FabCafe Kyotoを舞台に毎月開催される「つくる」をテーマにしたミートアップイベント。これまで、約40回の開催をとおして、300名以上のクリエイターや職人、研究者、起業家など様々な方達がジャンルレスにプレゼンテーションを行なってきました。クリエイティブな人・こと・ものの化学反応が生まれる場として、独自のコミュニティを形成しています。(過去開催時のプレゼンターはこちらからご覧いただけます。)

ルールはたった一つ、10分でプレゼンテーションすること。スライドを使っても、作品を見せても、体で表現してもOK。また、成果を発表するだけでなく、アイデアを発表して作る仲間を探すなんていうのも大歓迎です。

また、つくりたいもの(必ずしも、物体としての「モノ」である必要はありません)のアイデアがあれば、イベントで出会った人に気軽にシェアしてみましょう。参加者のみんなと楽しく話しているうちに、ヒントがみつかるかもしれません。

DESIGN WEEK KYOTOとのコラボレーション実施!

京都府内のものづくり現場をオープンし、交流を促進して創造的なコミュニティを生み出している『DESIGN WEEK KYOTO(以下「DWK」)』。Vol.47以降、DWKとも連携して、さらに多種多様なものづくり関係者をFab Meetup Kyotoで紹介していくことになりました! ものづくり現場を訪問するツアーなども共催していきますので、ご期待ください!

本イベントはMTRL KYOTO/FabCafe Kyotoで開催し、また一部、プレゼンテーション部分をオンラインでも配信いたします。

Presentation Theme

*プレゼンターは随時追加発表いたします。

澤 正輝

Presentation theme: 『人生のアルゴリズムー予定通り、予定外』

「直感は何を大事にしようとしているか?」
そう自分に問いかけたとき、返ってきたのは「人生の予定調和を揺さぶりたい」でした。

SpotifyにCasieに、サイトを開けばレコメンデーションが返ってくる時代だからこそ、時にそのアルゴリズムを揺さぶり、未踏の可能性を開きたい。そんなことを思いながら、この4月に住民2,000人の小さな町・島根県の離島・海士町から移住してきました。

皆さんとお話しできるのが楽しみです。

小西 栄二

Presentation theme: 『モノづくり、どこにこだわるか』

昔から「いいと思ったものは取りあえず作ってみる」というたち。

オートバイに乗っていて、パーツを作り始めたのがきっかけで、「作るからにはよいものを」と追求した結果、いつしか「日本唯一のチタン合金製自転車ハンドメイドビルダー」として注文を受けるように。

基本オーダーメイドのため、毎度作るものは一点もの。
そのせいもあってか、画一的なものづくりではなく、工夫を凝らして色々創ってみる、という日々に。

  • 家庭用バウムクーヘン製造機
  • チタン製コーヒーロースター(遠赤外線焙煎)
  • シルクドリップフィルター(丹後ちりめん)
  • チタン製カカオ粉砕分別マシン

すべて、まずつくって、改良してみて、対象を変えて調整してみて、という行程でうまれたもの。
技の手数を広げたくて溶接技術も磨きをかけてます!

入社八ヶ月の若手職人とともに、(忙しいけど、難しいけど)楽しむとはどういうことか、日々工夫の連続です。

自由な発想で作りたい物、真似をしたくない、無い物を作りたい、役に立つものを作りたいとの思いで
自由にものづくりをしています。

川﨑 るみこ

Presentation theme: 『作り続けるために』

夏頃になると活躍しだす、すだれ。
どんなふうにどうやってつくっているのか、皆さんご存じですか?
素材は? 加工方法は? 苦労してる点は? 面白い点は?
今日は少しそんなすだれの秘密をお話出来ればと思います

Lightning talk

Daniel Harris Rosen

Presentation theme: 『“飛騨Camp” アート・プロジェクト』

ヒダクマのローカルクリエイターとTokyoDexが協力し、hotel around TAKAYAMAのために共同でアート作品を制作したプロジェクトについて軽く紹介します!

目的:外部クリエイターの視点を取り入れ、地域資源の魅力を再定義・再発見を促すこと。

制作チームは、作品制作の前にまず飛騨高山を巡り、素材や持続可能性についての理解を深めました。
そのようなプロセスを経て完成した作品は、地域の資源、文化、潜在的魅力が反映され、さらに環境にも配慮しています。

Project: 飛騨Camp

Fab Meetup Kyotoでは、メインの「つくる」に関するプレゼンテーション(10分)に加えて、飛び込み大歓迎のショートプレゼンの枠を設けます。業界の垣根を越えた人がたくさん集まるFab Meetup Kyotoであなたのアイデアを発信してみませんか?

[ライトニングトークの登壇ルール]
・当日飛び込みでも、事前エントリーでも、どちらでもOKです
(ただし枠が埋まってしまった場合は先着を優先とします)
・制限時間は最大3分(もっと短くてもOKです)
・「つくる」に関する内容。PRでもOKです。
・スライド資料は必須ではありません。

事前にエントリーをご希望の方は メールアドレス fab_meetup_kyoto@loftwork.com まで、タイトルを「Fab Meetup Kyoto ライトニングトーク希望」として、「お名前」「ご職業・所属」「プレゼンテーマ」を明記のうえご連絡ください。

過去開催時のプレゼンターはこちらからご覧ください。

プレゼンテーションの間はお酒を飲みながらのコミュニケーションタイム。プレゼンターと話してみたり、他の参加者と交流してみたり、MTRL KYOTO 内を観覧したり、386平米のクリエイティブな空間で自由にお楽しみください。

PROGRAM

18:30

会場オープン

19:00

オープニング

  • ご挨拶
  •  本日のゲストのご紹介
19:05

プレゼンテーション

20:00

トーク終了。交流タイム
※ 配信終了

21:00

閉会

SPEAKER

シェアビレッジ ラーニングビレッジ園長(仮) 隠岐島前教育魅力化プロジェクト 問いのジェネレーター/拡張島民  NewsPicks Education 学びの伴走者 など
澤 正輝

予定された人生のアルゴリズムを乱し、習慣や出会い、価値観をほぐすために、2022年4月に京都へ移住。2016年から6年間は島根県の離島・海士町で暮らし、学びを核とした地域づくりに関わりつつ、「学校と地域をつなぐパターン・ランゲージ」づくりなど、感性と理性、具体と抽象を揺らいできた。主な著書に『ジェノサイドと現代世界』。パーソナルカラーは黄色。

Note:
「共に在り、共に学び、共に創る」という関わり。「挑戦の島」隠岐島前から開く、「技法以前」の伴走論

Podcast:

WELD ONE 代表  京都府の現代の名工 京都府溶接技術大会優勝10回(京都府代表) 経営革新認定, 代表
小西 栄二

会社: Weld one
 https://weld-one.jp/

京すだれ川﨑
川﨑 るみこ

父親が始めたすだれやで生まれ、小さいころからすだれ三昧の日々。建築事務所で働いてたときに、すだれや存続危機か?!ってことになり、入社する。フタを開ければ、びっくりなことばかり、やっと息ができる状態になったこの頃です。絵を描くこと、きちじろう(柴犬)の匂いを嗅ぐことが好きです。

TokyoDex, クリエイティブディレクター / 代表
Daniel Harris Rosen

日本のアート業界において25年以上のキャリアを持つクリエイティブ・ディレクター。ハワイ大学で美術を専攻後、2010年多摩美術大学大学院美術研究科を卒業、博士号を修得。大学院在学中より輪派絵師団のメンバーとしてアーティスト活動を行う傍、NHK、YouTube、MINI、マクドナルド・ジャパンなどのコマーシャル企画を手がける。同時に自身の現代アート制作にも励み、ホノルル美術館やアートフェア台北での展示などグローバルに活動を展開。 2012年、アート・エイジェンシーTokyoDex設立。現在は東京を拠点に活動を行い、企業のビジョンをアートに昇華させるプロジェクトや、ドイツ大使館、Denso、EY Japan、Sapporo Beerなどといった幅広い組織へ向けたコンテンツ提案を通して、アートが持つ可能性を広げている。

好きなアート

私は、マティスの作品にある鮮やかな色と様々な形や、中国のコンテンポラリー アーティストのXu Bingによる、コンセプチュアルで思いやりのある作品まで、様々なジャンルで活動するアーティストの作品に引き寄せられます。 美術の博士号を取得しましたが、私にとってのアートの好き嫌いはとてもシンプルです。 例えば、作品自体をあまりにも説明しなければなら無いのであれば、興味が湧きません。しかし、その作品が私の足を止め、息をする事をも忘れさせるくらいであれば、その作品の魅力に惹きつけられているということです。

あなたにとってアートとは?

どんなに時間があっても話尽くせませんね(笑) 一人一人がアートに対して違う定義を持っていると思います。もしかすると、そのなんとも定義しきれない性質がアートというものを価値のあるものにしているのかもしれないですね。数字や事実で何かを表現することができない場合、我々はその真意を見つけるために深く語り合う必要があります。 芸術はいままでに知らなかった世界へ誘う窓であり、そしてまた、自分を発見するための入り口でもあります。

ORGANIZER

株式会社ロフトワーク / MTRL プロデューサー
田根 佐和子

大手PC周辺機器メーカーで営業部門、広告部門を担当した後、2006年、ロフトワークに入社。クリエイターとのチームメイキングに定評があり、ソーシャルゲームなどのコンテンツ・ディレクション分野で活躍。2011年に京都オフィスの立ち上げメンバーとして京都移籍。現在は素材の新たな可能性を探る事業「MTRL」のプロデューサーとして、企業や職人、研究者を繋ぐ活動をしている。特技は”興味の湧かないものはない”こと。職人/技術者/研究者への人一倍のリスペクトと個人的な好奇心から、プライベートでも日本中を駆け巡って会いに行ってしまう。趣味はスキーとダイビングという、ロフトワークでは数少ないアウトドア派。

https://loftwork.com/jp/people/sawako_tane

OUTLINE

開催日 2022/05/26(木) 19:00–21:00 (開場 18:30)
場 所 FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)
京都府京都市下京区本塩竈町554

▼電車でのアクセス
JR京都駅から徒歩20分
京都市営地下鉄烏丸線五条駅から徒歩10分
阪急電鉄京都線河原町駅から徒歩15分
京阪電鉄清水五条駅から徒歩5分

▼バスでのアクセス
京都駅から4・17・205号系統 五条河原町下車徒歩3分
※駐車場はありません。近隣の施設をご利用ください。
参加費 1000円(1drink付き)※ 学割:学生の方は学生証提示で50% OFF / ※ オンライン視聴のみの場合は無料
定 員 25名

外部サイトにてお申し込みいただけます

このイベントもおすすめ