KYOTO

WORKSHOP
イベント終了

ワークショップ『プロトタイピング・アンセンスド』

〜 Prototyping Unsensed #0 [theme: 自分というマテリアル]〜
関係性・流れ・動きなど、物理的に感じることができなかったり、具体的な形状を伴わない抽象的な概念に形を与えることを試みる、「思考のプロトタイピング」をコンセプトにしたワークショップです。

開催日

2015/12/19 (土)

時 間

13:00–15:30

場 所

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)MAP

定 員

10名

参加費

2000円

0/10

ABOUT

プロトタイピング・アンセンスドとは?

ものごとの構造を理解するためには、目に見えるものだけでなく、知覚できない「関係性」に意識を向けることが大切です。創作活動における「プロトタイピング:試作検討」は、大きさ・ 向き・位置など物の様々な関係性を見極め、意図した体験を生み出すプロセスです。形を持たない課題やサービスの設計では、物理的な関係性は「ストーリー」や「コンテキスト」など、時間や動きを与えられ、その実態をつかむことが難しくなります。

本ワークショップ「プロトタイピング・アンセンスド」は、物理的に感じることができなかったり、具体的な形状を伴わない抽象的な概念に形を与えることで、関係性・流れ・動きなどの扱い方を探るプログラムです。

今回は第0回として「自分というマテリアル」をテーマに「自身の外(からだ)と内(こころ)の関係性を形にする」ワークを行います。木っ端やロープ、 針金などの身近な材料を使って「関係性」に形を与えてみましょう。

wspa_7 wspa_4 wspa_3

こんな人におすすめ

◎課題解決へのアプローチ、方法に関心がある
◎考えていることを論理化・言語化するスキルを身に付けたい
◎コンテクストを読み解くプロセスに関心がある
◎デザイン、アートや、クリエイティブに関連した仕事をしている
◎形のある「もの」をつくる仕事をしている
◎手を動かしてものをつくることが好き

関連キーワード

-コンテクストを編集する
-課題解決へのアプローチ
-思考プロセスの論理化・言語化
-無意識の領域に目を向ける
-自分の世界観を知る方法
-ゲシュタルト心理学
-Nature of Knowledge から Nature of Knowing へ
-Unwelt: 環世界という世界認識
-Individuation: 個性化の方法

当日のプログラム

13:00-13:30 イントロダクション(プログラムの説明とアイスブレイク)
13:30-14:40 ワークショップ
14:40-14:45 休憩
14:45-15:30 制作物のプレゼンテーション&振り返り

ゲスト:辻 勇樹さん

企画:MTRL KYOTO

汚れてもよい格好でお越しください。

OUTLINE

開催日 2015/12/19(土) 13:00–15:30
場 所 FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)
京都府京都市下京区本塩竈町554

▼電車でのアクセス
JR京都駅から徒歩20分
京都市営地下鉄烏丸線五条駅から徒歩10分
阪急電鉄京都線河原町駅から徒歩15分
京阪電鉄清水五条駅から徒歩5分

▼バスでのアクセス
京都駅から4・17・205号系統 五条河原町下車徒歩3分
※駐車場はありません。近隣の施設をご利用ください。
参加費 2000円
定 員 10名

KYOTOで開催予定の他のイベント