• NEWS

【News】建築倉庫ミュージアム企画展『Nomadic Rhapsody-“超移動社会”がもたらす新たな変容-』に「MTRL Hong Kong」の模型とGottinghamによる写真が展示

建築倉庫_チラシ表紙_0902
建築模型を預かるWEBサービス「ARCHI-DEPOT ONLINE」の保管作品を活用した特集展示の第3弾として企画された企画展『Nomadic Rhapsody-“超移動社会”がもたらす新たな変容-』が寺⽥倉庫が運営する建築倉庫ミュージアムで開催中です。複数の建築家による海外プロジェクトの模型作品のひとつに、建築家の大野友資が手がけたMTRL TOKYOのブランチMTRL Hong Kongの建築模型とGottinghamによる建築写真が展示されています。
来年1月中旬までの開催となります。この機会に是非ご覧ください。

 

image2

【開催概要】
タイトル:Nomadic Rhapsody-“超移動社会”がもたらす新たな変容-
会期:2018年10月21日(日)〜2019年1月14日(月・祝)
会場:建築倉庫ミュージアム 展示室B(〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10)
同時開催:展示室A企画展『新素材研究所・ -新素材×旧素材-』
開館時間:火曜〜日曜11時〜19時(最終入館18時) 月曜休館(月曜が祝日の場合翌火曜休館)
入館料金:一般 料金 3,000円、大学生/専門学生 2,000円、高校生以下 1,000円
*展示室A・B両展示観覧可能。
*障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。
*それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
主催:建築倉庫ミュージアム
協力:市川紘司(明治大学理工学部建築学科助教)
後援:三宅理一(一般社団法人日本建築文化保存協会)
出展建築家:
迫慶一郎|SAKO建築設計工社
前田茂樹|ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ
藤野高志|生物建築舎
小嶋伸也・小嶋綾香|小大建築設計事務所
海法圭|海法圭建築設計事務所
大野友資|ドミノ設計事務所 & Gottingham
佐藤研吾|In-Field Studio ほか

【元記事】建築倉庫ミュージアム、企画展『Nomadic Rhapsody-“超移動社会”がもたらす新たな変容-』開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000115.000014158.html