KYOTO

Summer School
イベント終了

【受付終了】School of Fashion Futures – 持続可能な未来のデザインを実践的に学習するサマースクール

日本初、ファッションを軸にバイオマテリアル / アルゴリズミックデザイン / サーキュラーデザインを実践的に学ぶ 8日間のサマースクール

開催日

2021/08/18 (水)

2021/08/27 (金)

時 間

※8/21(土)、22(日)は休講

場 所

京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab及びオンラインMAP

定 員

オフラインワークショップ 10名 / オンラインレクチャー 200名

参加費

オフラインワークショップ受講 200,000円[税込]
オンラインレクチャー受講 10,000円[税込]

■ 募集締切:2021.6.14 (月)
■ 選考通知:2021.6.15 (火)

◎ 本スクール開講に際してのイントロダクションとなる動画(30分弱)をYoutubeにて公開しています。ぜひあわせてご覧ください。 → 動画を見る

ABOUT

この夏、持続可能な未来のデザインを実践的に学習するサマースクールが京都で始動します。2021年度は、「キノコや微生物由来のバイオレザーの作り方」「サーキュラーエコノミーにおけるデザイン」「Houdiniを用いた身体形状に最適化を図るアルゴリズミック・デザイン」の3点を中心にした少人数制のオフラインワークショップと、国内外で活躍するゲスト講師を迎えたオンラインレクチャーの二段構えで開催。最先端のファッションデザイン・プロダクトデザインの潮流を学び、また志を同じくする仲間をつくる機会、ぜひ奮ってご参加ください。(主催:京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab / 運営協力:MTRL・FabCafe Kyoto)

宣言文:開講に寄せて

1つの妖怪がヨーロッパにあらわれている -サステナビリティの妖怪が。

絶えず販路を広げてきたファッション産業は21世紀に入り、あらゆる国々の生産と消費をグローバルなものとしている。流行の品々はインターネットにより、自国内ばかりでなく世界のあらゆる地域で消費され、国産品で満たされていた昔の欲望に変わり、離れた国々の産物によって瞬時に満たされる「新たな欲望」が露わとなった。自給自足を代替するグローバルな交易によって地球規模の複雑な依存関係が現れ、その結果として深刻な労働者搾取や環境汚染、廃棄物問題などが起きている。

消費社会の象徴ともいわれるファッション産業は、サステナビリティを真剣に考える時機を迎えている。このことは近年、ヨーロッパを中心にファッション企業は多額のESG投資をうけ、持続可能な製品・サービス開発を行っていることに明らかである。その結果、バイオデザイン、アルゴリズミック・デザイン、デジタル・ファブリケーションを組み合わせた実験的な成果が大企業からも散見されるようになった。ナイキのNike Craterシリーズ、アディダスのFUTURECRAFTシリーズ、H&Mのコンシャスエクスクルーシブコレクションなど、事例には事欠かない。

だが残念なことに、このような実験的試みを学べる教育機関は世界を見回してもそう多く見当たらない。日本には、残念ながらない。喫緊の課題である持続可能性のためのデザインは多岐に及ぶため、従来のファッション教育機関には限界がある。かといって、インターネット上の情報をかき集め独学するのも容易ではない。持続可能性のためのデザインとはファッションデザインにおいて何を指しているのか、エコ、エシカル、スローファッションとの棲み分けすら明確ではない。

そこで、京都工芸繊維大学KYOTO Design Labは、ここに「School of Fashion Futures」と称する新たなサマースクールを立ち上げることにした。

本サマースクールはサステナブル・バイオ・ファブリケーション・アルゴリズミック・デザインを、ファッションデザインを中心としながら実験・思索する。ファッションデザインのみならずプロダクトデザインや建築の領域において上記の実験的活動に興味、関心、意欲がある人を対象とし、持続可能な未来のデザインを実践的に学習する場所である。

2021年度は、キノコや微生物由来のバイオレザーの作り方、サーキュラーエコノミーにおけるデザイン、Houdiniを用いた身体形状に最適化を図るアルゴリズミック・デザインの3点を中心にサマースクールは運営される。

最も確実に未来を予想する方法は、理想の未来を妄想し、つくることだ。
この夏、KYOTO Design Labで会いましょう。

京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab 特任教授 水野大二郎

開講スケジュール

A)オフラインワークショップ

「キノコや微生物由来のバイオレザーの作り方」「サーキュラーエコノミーにおけるデザイン」「Houdiniを用いた身体形状に最適化を図るアルゴリズミック・デザイン」の3点を中心に構成される少人数制のワークショップを京都にて開催します。

  • 日時:2021年8月18日(水)~8月27日(金) 10:00~17:00(*土日休講)
  • 場所:京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab(京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町1)

B)オンラインレクチャー

国内外で活躍するゲスト講師を迎え、トークやプレゼンテーションに加えて、質疑応答・交流の機会を設けます。

  • 日時:2021年8月18日(水)~8月27日(金) 19:00~21:00(*土日休講)
  • 場所:オンライン(zoom)

※ A・Bともに、8/21(土)・8/22(日)は休講です。
※ A・Bともに、全日程通しての参加が条件となります。

プログラム内容

A)オフラインワークショップ実施内容

8/18(水) アイスブレイク、講義、製品事例分析、サーキュラーデザインの演習
8/19(木) バイオレザー(SCOBYとキノコ)作成のための演習、講義
8/20(金) 事前作成されたバイオレザーを実際に用いた演習
8/23(月) 事前課題の成果発表、3Dボディスキャンによるデータ取得
8/24(火) 事前アンケート内容に基づくHoudiniレクチャー
8/25(水) 事前アンケート内容に基づくHoudiniレクチャー
8/26(木) デジタル工作機械を用いたプロトタイピングの出力
8/27(金) デジタル工作機械を用いたプロトタイピングの出力

※プログラムは予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

上記終了後、約1ヶ月間の個人制作期間を設け、10月初旬に成果物展示と振り返りイベントをオンライン開催予定です。

B)オンラインレクチャー実施内容

8/18(水) 概説 水野大二郎
津田和俊
・サマースクールの紹介
・レクチャー登壇者の紹介
・登壇者への事前質問受付コーナーの使い方(discord)の紹介
・サーキュラーデザインについての紹介
・デジタルファブリケーションやバイオデザインがどう関係していくのか、今後の展望と課題
8/19(木) Sustainable Fashion 廣田悠子 ・サステナブルファッションについての現状の紹介
・サステナブルファッションについて事例の紹介
・サステナブルファッションの展望についての紹介
8/20(金) Speculative Fashion Design 川崎和也 ・Synfluxとしての活動の紹介
・ゼロ・ウェイストファッションデザインについての紹介
・自身の研究活動におけるバイオマテリアル+デジタルファブリケーションによるファッションデザインの紹介
8/23(月) Mycelium and biomaterial Mycotech Lab ・Mycotech Labについての紹介
・開発しているキノコレザーやキノコブロックについての紹介
8/24(火) Algorithmic Design 堀川淳一郎 ・これまでの活動について
・アルゴリズミックデザインについての一般的理解を深めるための基本の紹介
・Rhino+Grasshopperについて
・Rhino+GH+Pythonについて
・Houdiniについて
・アルゴリズミックデザインの展望と課題について
8/25(水) Fab x Sustainability 田中浩也 ・環デザイン、ファブシティについて
・デジタルファブリケーションとサーキュラーエコノミーについての展望と課題について
8/26(木) Textile x Code 井高久美子 ・YCAMでのテキスタイルと異質なマテリアルやデジタルテクノロジーを融合させた研究開発と成果展示について
・キュレーターをつとめるHOSOO GALLERYでのテキスタイルとデジタル・テクノロジーの融合に関する展示などについて(コードによる織物の探求)
・テキスタイルデザインの展望と課題について
8/26(木) 省察 水野大二郎
津田和俊
京都工芸繊維大学 学生メンバー
・サマースクールのふりかえり
・18-20までのバイオ・サーキュラーデザイン週でやったこと
・23-27までのhoudini週でやったこと
(写真とスライドなどでふりかえる)
・次年度に向けての展望

※プログラムは予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

こんな人におすすめ

  • Houdiniに興味がある人
  • バイオデザインに興味があり、キノコや微生物でヴィーガン・レザーをつくってみたい人
  • アルゴリズミック・デザイン、デジタル・ファブリケーションに興味がある人
  • 持続可能性のためのデザインやサステナブルファッションに興味がある人
  • サーキュラーエコノミーにおけるデザインに興味がある人
  • スペキュラティヴ・デザインに興味がある人

参加条件

A)オフラインワークショップ

  • 会場である京都工芸繊維大学に期間中通うことができ、宿泊施設などを自己調達できること
  • 申込みに際して、参加動機および代表的な活動、作品や製品例数点(jpg, pdf, webリンク)の提出を行い、また、事前課題(詳細は申込フォームにてご確認ください)に取り組むこと
  • Rhinocerros+Grasshopper や Autodesk Fusion 360、Adobe Ilustratorなど、デザインのための2D、3Dのソフトウェアがある程度使えることが望ましい(特に、Crea Compo, Marvelous Designer, CLO3D, Cinema4Dなどが使える方を優先いたします)
  • 以上のソフトウェアなどをインストールしたノートPCを所有し、持参できること
  • クレジットカード決済で受講費の支払いができること

B)オンラインレクチャー

  • zoomで参加するための設備・環境を自身で用意できること
  • クレジットカード決済で受講費の支払いができること

申込・支払方法

A)オフラインワークショップ

  • 定 員:10名
  • 受講料:200,000円[税込]

※参加者1名につき京都工芸繊維大学の学生1名がサポートします。
※オフラインワークショップを受講される方は、オンラインレクチャーを無料で受講いただけます。
※受講費のお支払いはクレジットカード決済のみとなります。(申込み手続き完了後、お支払い方法をご連絡いたします。)

B)オンラインレクチャー

  • 定 員:200名
  • 受講料:10,000円[税込]

※受講費用のお支払いはクレジットカード決済のみとなります。(申込み手続き完了後、お支払い方法をご連絡いたします。)
※オンラインレクチャー受講のURLは申込み手続き完了後にご連絡します。
※京都工芸繊維大学の学生はオンラインレクチャーを無料で受講いただけます。(申込みフォームの「学籍番号」と「所属学科」をご記入ください)

注意事項(あらかじめ同意のうえお申し込みください)

  • 受講費のお支払いはクレジットカード決済のみとなります。 申込み手続き完了後、お支払い方法をご連絡いたします。
  • 受講費は演習に用いるバイオマテリアルの購入と培養に使わせていただきます。そのため、原則として、当日不参加でも返金不可となることをあらかじめご了承ください。
  • 本サマースクールは、コロナウィルスの影響により状況次第では「開催中止」となる可能性もあることをあらかじめご了承ください。なお、開催中止の場合に関する返金の手続きは別途お知らせいたします。
  • 本サマースクールは「実験」を前提としています。製品化やソリューション開発を即座に目指すものではないことをあらかじめご了承ください。
  • その他、ワークショップへの参加条件および知的財産に関する条件について、こちらから資料をあらかじめご確認のうえご応募ください。

お問い合わせ

本イベントに関するお問い合わせは、下記までメールにてお送りください。(担当:MTRL 木下・飯田)
info.mtrl@loftwork.com

サマースクール・ファシリテータ

京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab 特任教授
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘教授
水野 大二郎

デザインリサーチャー、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任教授。
2008年RCA博士課程修了、芸術博士(ファッションデザイン)。ウルトラファクトリー・クリティカルデザインラボ、京都大学デザインスクール、慶應義塾大学SFCを経て現職。Ars Electronica STARTS prize(2017)入選、International Documentary Filmfestival Amsterdam(2019)入選など、多様なプロジェクトに従事。
共編著に『vanitas』(アダチプレス、2013〜現在)、共著に『FABに何が可能か』(フィルムアート、2013)『inclusive design』(学芸出版社、2014)など。
www.daijirom.com

京都工芸繊維大学講師
山口情報芸術センター[YCAM]主任研究員
津田 和俊

博士(工学)。2008年から2015年まで大阪大学工学研究科の特任研究員や助教として、工学設計や適正技術の教育プログラム、資源循環やサステナビリティに関する研究に取り組む。2010年からファブラボのネットワークに参加、2013年ファブラボ北加賀屋(大阪市)を共同設立。2014年からYCAMの事業に関わり、2016年から研究員として主にバイオ・リサーチ事業を担当、「パーソナル・バイオテクノロジー」の可能性を模索している。2020年2月から京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系の講師に着任。

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
井上 智博

平日は京都工芸繊維大学にて学生にデジタルファブリケーションを教え、週末は、FABLAB北加賀屋にて市民に対してデジタルファブリケーションを教えている。デジタルファブリケーションを利用したものづくり、ことづくりを主な活動領域としており、メイカーズムーブメントを一過性の運動にしないために、それを推進していくような動きを展開している。
https://fablabkitakagaya.org/
YouFab Global Creative Awards 2015 FINALISTS

サマースクール・ゲスト

サステナビリティ ストラテジスト/WWDJAPANコントリビューティング・エディター
廣田 悠子

石川県小松市生まれ。千葉大学卒業。2006年INFASパブリケーションズ入社。「WWDJAPAN」記者として海外コレクションの取材を通じてウィメンズのトレンド分析や、デザイナーや経営者インタビューを手掛けるほか、セレクトショップ、百貨店、シューズなどの分野を担当。18年からサステイナビリティ分野を新設し取材・執筆を行う。21年6月独立。WWDJAPANコントリビューティング・エディターや大手アパレル企業のアドバイザーを務める
https://www.wwdjapan.com/author/yukohirota

Synflux株式会社 代表取締役 CEO
スペキュラティヴ・ファッションデザイナー/デザインリサーチャー
川崎 和也(オフラインレクチャー兼任)

1991年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラム修士課程修了(デザイン)、現在同後期博士課程。身体や衣服、素材にまつわる思索的な創造性を探求する実践を行う。主な受賞に、H&M財団グローバルチェンジアワード特別賞、文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品選出、Dezeen Design Award Longlist、STARTS PRIZE、Wired Creative Hack Award、YouFab Global Creative Awardなど。編著書に『SPECULATIONS 人間中心主義のデザインをこえて』(BNN新社、2019)がある。 [ Photo:keta tamamura ]
https://synflux.io/jp/about/

インドネシア発のバイオベース素材スタートアップ
Mycotech Lab

5人の共同創業者 Adi Reza, Ronaldiaz Hartantyo, Annisa Wibi, Robbi Zidna Ilman, Arekha Bentangによって2015年に設立。Mycotech Labの目的は、天然の接着剤としてキノコの菌糸体を使った材料を育てること。地元のキノコ農家と協力し、キノコの菌糸を天然接着剤として使用したバインダーレスボード「BIOBO」や、キノコの菌糸を完全に成長させた革のような素材「MYLEA」など、カスタム形状に成形された丈夫で軽量な有機繊維を使用した製品を生産している。また、農業廃棄物を利用して素材化している。
https://mycl.bio/

Orange Jellies主宰
建築系プログラマー/アルゴリズミックデザイナー
堀川 淳一郎(オフラインレクチャー兼任)

2009年コロンビア大学のAdvanced Architectural Designを修了。現在はフリーランスとして建築やプロダクト、アートの分野でソフトウェア開発や幾何学とアルゴリズムを用いたデザインを行なっている。分野に限らず形状生成の手法に主な受賞歴に2019年The One ShowのGold Pencil、第23回メディア芸術祭アート部門優秀賞など。2011年より東京藝術大学の非常勤講師、2017年より株式会社gluonのCTO、2019年より早稲田大学の非常勤講師、2020年より東京大学の学術支援専門職員を兼任。
https://jhorikawa.com
https://www.youtube.com/c/JunichiroHorikawa

慶應義塾大学環境情報学部 教授
慶応大学KGRI 環デザイン&デジタルマニュファクチャリング創造センター センター長
田中 浩也

1975年 北海道札幌市生まれ デザインエンジニア/ソーシャルエンジニア。専門分野は、デジタルファブリケーション、3D設計/生産/製造システム、創造性の科学と文化およびその支援。モットーは「技術と社会の両面から研究すること」。京都大学総合人間学部、同人間環境学研究科にて建築CADを研究し、建築事務所の現場にも参加した後、東京大学工学系研究科博士課程にて、画像による広域の3Dスキャンシステムを研究開発。最終的には社会基盤工学の分野にて博士(工学)を取得。2005年に慶應大学環境情報学部(SFC)に専任講師として着任、2008年より同准教授。2016年より同教授。
https://fab.sfc.keio.ac.jp/

インディペンデント・キュレーター
井高 久美子

1982年生まれ。愛知県出身。2012年から2019年まで山口情報芸術センター[YCAM]で展覧会や作品の企画を行う。現在は、独立し、アート・アンド・テクノロジーの分野を中心に様々な領域で展覧会の企画を担当。京都 西陣の老舗 細尾が運営するHOSOO GALLERYでは織物をメディアとして捉えた展覧会を制作。近年携わった展覧会に「Ambient Weaving -環境と織物」(2021)、「Quasicrystal」(2020)、「呼吸する地図たち」(2018ー2020年)、「布のデミウルゴス」(2017年)などがある。

主催

京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab

運営協力

OUTLINE

開催日 2021/08/18(水) - 2021/08/27(金)  ※8/21(土)、22(日)は休講
場 所 京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab及びオンライン
京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町1 京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab
参加費 オフラインワークショップ受講 200,000円[税込]
オンラインレクチャー受講 10,000円[税込]
定 員 オフラインワークショップ 10名 / オンラインレクチャー 200名

■ 募集締切:2021.6.14 (月)
■ 選考通知:2021.6.15 (火)