KYOTO

EXHIBITION
イベント終了

Material Driven Innovation Award 2022 Exhibition ~素材を起点にWell-beingを考える~ 京都巡回展

2022年1月-3月に開催された素材の新たな価値を探るマテリアルアワード「Material Driven Innovation Award 2022」にて大賞やファイナリストに選ばれた「人の暮らしをWell-Beingにするマテリアル」の展示を開催いたします。

開催日

2022/07/05 (火)

2022/07/09 (土)

時 間

*FabCafe Kyotoの営業時間に準じます。(11:00-19:00 / 日月曜定休)

場 所

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)MAP

参加費

入場無料(座席を使用される際は、カフェでのご注文をお願いいたします。)

◎ 本イベントは、東京で開催された展示企画『Material Driven Innovation Award 2022 Exhibition』の巡回展 京都編です。京都での展示期間終了後、7/20(水)-7/24(日)には、名古屋(FabCafe Nagoya)への巡回を予定しています。

ABOUT

素材の新たな価値を探るマテリアルアワード『Material Driven Innovation Award 2022(MDIA 2022)』は、「人の暮らしをWell-Beingにするマテリアル」をテーマに、人や地球環境の幸福に貢献する製品を生み出す可能性のある、革新的なマテリアル(素材)を募集しました。

約1ヶ月半の応募期間で102点の応募が世界中から集まり、厳正なる審査のもと、大賞1点、ファイナリスト3点、奨励賞1点、渡邊淳司賞、堀内康広賞、井高久美子賞、小原和也(弁慶)賞の合計9点が選出されました。

▼ 応募作品一覧。詳しくはこちらのページからご覧いただけます。

MTRLではこの度、大賞1点、ファイナリスト3点の計4点の「人の暮らしをWell-Beingにするマテリアル」の展示企画を開催いたします。
素材を起点にWell-beingについて考えるきっかけとして、また、素材を起点に、これからのものづくり、私たちの暮らし、Well-beingを考えるための機会として、ぜひご高覧ください。

EXHIBITOR

【大賞】 100%土に還る、野菜や果物から作られた「Food Paper」


応募者 : 株式会社五十嵐製紙

概要:Food Paper は、フードロスとして捨てられてしまう野菜や果物を紙に生まれ変わらせるためのプロジェクト。1919年に創業した越前和紙の老舗工房「五十嵐製紙」の技術を用い、フードロスの廃棄を減らしながら、日本の紙漉き文化を次世代につなげていくこと。適量の生産と消費、そして廃棄物を出来るだけ出さない循環型社会の実現を目指して活動している。

 

【ファイナリスト】 Co-Obradoiro Galego


応募者 : Individual in collaboration with Galician basket weavers.

概要:Co-Obradoiro Galegoは、スペインのガリシア地方で発生したパンデミックの際に、より地域に密着したアプローチを求められて生まれたプロジェクトです。魚介類の外骨格に含まれるバイオポリマーであるキトサンから、柔軟で生分解性のあるバイオマテリアルを開発。この生分解性素材を使って、水産物とバスケット産業を再び結びつけ、ガリシアの貴重な籠細工技術の永続性について考えています。また、例えガリシアの籠細工職人やガリシア文化やが消えてしまっても、このマテリアルを通してガリシア経済を再活性化させられると考えています。

【ファイナリスト】 TRF+H – Well-beingを叶える 3Dプリント素材


応募者 : ファブラボ品川 / ユニチカ株式会社

概要:『TRF+H』は、ヘアドライヤーなどで加温することで簡易に加工し、個別の身体曲面に適合した製作ができる3Dプリント素材です。従来、身体に合わせるためには3Dスキャンを活用し、立体的にモデリング・造形する試みが一般的でした。しかし『TRF+H』は、平面で3Dプリントし、簡単に後加工で身体に合わせることができます。それにより、プリント時間の短縮、サポート材など不必要な素材の削減、肌に接触する面の滑らかさを実現するとともに、幅広い「生活者」が内部構造も調整しながら道具をつくることを可能にします。

【ファイナリスト】 ZEROカーボNソイル


応募者 : グリーン&ウォーター株式会社 環境開発事業部

概要:ゼロカーボンの実現を目指すCO2を吸着固定する低炭素型土系舗装材。これまでの一般的な土系舗装材では実現できなかったセメント不使用、CO2を吸着固定しながら高強度、高耐久を発揮する製品として誕生。天然由来の素材からできており、使用後は土に還すことが可能です。

ORGANIZER

マテリアル
MTRL

MTRL by Loftworkは、世界中の素材メーカーを中心に、素材起点のイノベーション「マテリアル・ドリブン・イノベーション」の創発を支援しています。
従来の製造業では、思いがけない発明、高度な機能の開拓こそがイノベーションを創出するとされてきました。しかしそれだけではイノベーションを実現することは困難です。ものづくりでは、モノのイノベーションではなく、“意味”のイノベーションが、企業価値の源泉になりつつあるのです。
「なぜ開発するのか」「それは私たちの生活に意味があるものなのか」。私たちは「意味づくり」のプロフェッショナルとも言えるデザイナーが活用してきた思考の道具を、ものづくりの「現場」へ配りたいと考えています。
https://mtrl.com/

株式会社ロフトワーク, MTRL クリエイティブディレクター
関本武晃

2021年ロフトワーク入社。早稲田大学文化構想学部卒業。現役小説家に師事しながら小説執筆など創作活動を行い、文芸・ジャーナリズム論系修了。その後、映像制作会社にてTV番組や生放送番組、Web配信番組などの制作に携わり、現職。
表現や物語の”創作”×”イノベーション”の恒常的な実現を目指し、概念的価値達成のフィジビリティを向上させるファクターとしてマテリアルの活用を模索している。趣味はお笑い、麻雀、ポーカー。

OUTLINE

開催日 2022/07/05(火) - 2022/07/09(土)  *FabCafe Kyotoの営業時間に準じます。(11:00-19:00 / 日月曜定休)
場 所 FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)
京都府京都市下京区本塩竈町554

▼電車でのアクセス
JR京都駅から徒歩20分
京都市営地下鉄烏丸線五条駅から徒歩10分
阪急電鉄京都線河原町駅から徒歩15分
京阪電鉄清水五条駅から徒歩5分

▼バスでのアクセス
京都駅から4・17・205号系統 五条河原町下車徒歩3分
※駐車場はありません。近隣の施設をご利用ください。
参加費 入場無料(座席を使用される際は、カフェでのご注文をお願いいたします。)