KYOTO

EVENT
受付中

京都からオースティンへ。”Ten Thousand Eight Hundred Forty One” ローンチイベント powered by 10841 KYOTO コミッティ

『SXSW 2020(サウスバイサウスウエスト 2020)』直前ミートアップ

開催日

2020/02/23 (日)

時 間

11:00–20:30 入場無料 / 予約不要(開場 10:30 )

場 所

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)MAP

参加費

無料

※事前のお申し込みは不要です。会場へ直接お越しください。
※入場料は無料です。
※来場者多数の場合は、入場を制限させていただく可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

ABOUT

*お願い* 

新型コロナウイルス感染症等への対策として、ご来場に際しては、マスク着用・咳エチケットなど、感染予防へのご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。(登壇者やスタッフがマスクを着用する場合もございますので、あらかじめご了承ください。)会場では、消毒液と手洗い場を設けておりますので、あわせてご利用ください。

 

京都にはSXSWが足りない。SXSWには京都が足りない。

歴史ある京都から、いま、全く新しいムーブメントが始まります。
京都・関西のイノベーター達が、SXSWを起点に集い、語り合い、混じり合う。温故知新、異業種攪拌から産まれ出る化学反応。

“Ten Thousand Eight Hundred Forty One”は、Texas Austinを一大実験場として世界に向け、アジアのここ京都から新しい価値観と感動体験を届けます。

プログラム & タイムテーブル

当日は、FabCafe Kyotoを会場に、1日を通して様々なプログラムを実施します。詳細は下記をご覧ください。(*プログラムは随時追加・更新されます。一覧はこちらからご覧いただけます)

Innovators Session

「ゼリーとサウスバイと未来社会と私」/「DomoとTelepathyとDabelと私とSXSW」(11:00-11:50)

…京都にはSXSWが足りない。SXSWには京都が足りない。歴史ある京都から、いま、全く新しいムーブメントが始まります。” 『Ten Thousand Eight Hundred Forty One (10841)』発起人のふたりが、自身も参加するSXSW 2020に向け、イノベーション震源地としての京都について語ります。

▼登壇者(*順不同、敬称略)
・井口 尊仁(DOKI DOKI, INC. ファウンダーCEO)
・野中 朋美(立命館大学食マネジメント学部 准教授)

 

「西陣connect with SXSW 〜京都市×博報堂PJ〜」(11:50-12:00)

…『最先端のIT活用、一切なし!』で乗り込むSXSW。世界最高峰の伝統文化エリア西陣で生み出すのは「教育プログラム」「高付加価値観光」「売場プラットフォーム」「グローバル商社」などの事業イノベーション。目指すのは「文化のスタートアップスタジオ」です。

▼登壇者(*順不同、敬称略)
・佐伯 研(西陣connect / 博報堂関西支社)
・北川 佳孝(西陣connect / 博報堂関西支社)

 

「SXSWから万博へ。次に破られる”常識”は何だ?」(14:00-14:50)

…まだまだ壊されるべき常識が待っている。それぞれの分野でチャレンジしている境界、限界を紹介し、アジアから、京都から見据える未来を展望します。

▼登壇者(*順不同、敬称略)
・暦本 純一(東京大学大学院情報学環 教授 / 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 副所長, フェロー)
・塩瀬 隆之(京都大学総合博物館准教授)
・仲谷 善雄(学校法人立命館 総長 / 立命館大学 学長)
・岩田 泰(経済産業省 2025年国際博覧会統括調整官)
・福田 卿也(株式会社博報堂 ビジネスデザイナー)*モデレーター
・野中 朋美(立命館大学食マネジメント学部 准教授)*アシスタント

 

「FOODを通して世界に発信するサステナブルカルチャー(15:00-15:50)

…和食やおもてなしの根底にある日本人のこころ。私たちの暮らしの中にあるカルチャーにこそサステナブルな未来を読み解くカギがある。4人のイノベーターによる情熱のセッション。

▼登壇者(*順不同、敬称略)
・吉野 慶一(Dari K株式会社 代表取締役)
・福井 良應 (NPO法人おてらおやつクラブ 理事)
・狐野 扶実子(料理プロデューサー・食ジャーナリスト)
・野中 朋美(立命館大学食マネジメント学部 准教授)*モデレーター

 

「『オルタナティブメジャー』会議 世界的ニッチをSXSWとKYOTOから考える。」(16:00-16:50)

… 京都はグローバルなリスペクトを獲得しており、常に世界各地からの崇拝者の訪問を勝ち得ています。が、SXSWのダイバースでイノベーティブな創造的混沌が交じり合ったら一体何が始まるのだろうか?の感触は、SXSW開催中のオースティンで感じる明らかな変化の手応えです。それを異文化攪拌の先覚者が正面から語り合う火花散るセッションをご期待ください。

▼登壇者(*順不同、敬称略)
・小野 直紀(雑誌『広告』編集長 / 博報堂monom代表  / デザインスタジオYOY主宰)
・鴨志田 由貴(作戦本部株式会社 代表取締役 作戦本部長 / 京都造形芸術大学 マンガ学科長 兼 准教授)

 

「エンディングセッション『SXSWを超えて – 2020年代の新しい”混沌”に向き合う』」(20:00-20:30)

▼登壇者(*順不同、敬称略)
・井口 尊仁(DOKI DOKI, INC. ファウンダーCEO)
・野中 朋美(立命館大学食マネジメント学部 准教授)

・ビデオレターによる参加:小林 弘人(インフォバーン共同創業者・代表取締役CVO メディアジーン取締役)

 

Road to SXSW

「SXSW ビギナーズガイド」(13:00-13:50)

…SXSW Japan OfficeからSXSW概要説明。また京都スタートアップのストローリーを招いて、Pitchならびにトレードショー出展についてパネルを行います。

▼ナビゲーター
・曽我 浩太郎(SXSW Japan Office / VISIONGRAPH Inc. Co-founder)
・高橋 真知(Co-CEO / President of Storly)
・明主 那生(Global Business Development Lead of Storly)

 

「Weird なSXSWに魅了される人々」(17:00-17:50)

…エキスパートによるSXSWを楽しみ尽くすための座談会

▼ナビゲーター
・Sさん(SXSW歴5回)
・Aさん(SXW歴20回)
・Yさん(SXSW歴3回)
・ Tさん(SXSW歴2回) 

「10841 Kyoto To SXSW ピッチバトル vol.1」(18:00-19:50)

事前準備はいらない。必要なのはパッションだけ。学生さん、若者歓迎。テーマは当日発表。当日飛び込み参加によるピッチバトルです。

正解はない
オリジナルの本音は刺さる
お互いの多様性が喜び

川向正明先生(京都造形芸術大学)によるピッチ講座の後、SXSWをイメージした熱い想いをぶつけてほしい。豪華商品も。異業種攪拌から生まれる化学反応。

Don’t be shy. Be crazy.
You can do everything you want.

 

Exhibition

「SXSW 2020 information  by SXSW Japan Office」(開催中常設)

…SXSWの意外と知られていないSXSWプログラムや2020年の日本からの挑戦者を紹介するスライドを上映していきます。

「MTRL フィーチャー素材紹介ブース」(開催中常設)

…”素材” が主役のイノベーションプラットフォーム「MTRL」がフィーチャーするマテリアルたちを紹介する特設ブース。

「Design Week Kyoto 『職人の道具』展示(開催中常設)

…2/23-3/1に京都で開催中のオープンファクトリーイベント「Design Week Kyoto」参加ファクトリー、職人の道具を展示中。日本のものづくりをリードし今なお京都に息づくクラフトマンシップ、その一端に触れてみてください。

Special plants  by edalab.(開催中常設)

…FabCafe Kyoto の装花を手掛ける「edalab.」による、今回のイベントのための特別な植物たち。 “素材の越境” をテーマに、多様性から生まれる化学反応をイメージして植物そして花器を取り合わせています。

「SXSWフォト & オリジナルプレイリスト by アンテナ」(開催中常設)

…2017年からSXSWのmusic部門にプレスとして訪れているカルチャーメディア「アンテナ」。目撃してきた現場のフォトスライドと、2020年注目アーティスト+過去3年間を振り返るプレイリストにて参加。


共催:10841 KYOTO コミッティ・SXSW Japan Office

● SXSWとは?

毎年3月にアメリカテキサス州オースティンで開催される、音楽、映画、インタラクティブをテーマにした巨大ビジネスカンファレンス&フェスティバルです。
1987年にインディーズの音楽祭としてはじまり、のちに映画とインタラクティブを加えて、現在は10日間で数万人を集める世界最大級のイベントになっています。10日間で開催地オースティンにもたらす経済効果は約380億円。行政・民間・市民ボランティアが連携して行なわれる、30年間続くイベントです。これまでにTwitter、Pinterest、Spotifyなどのネット系サービスや、The White Stripes、Norah Jones、Franz Ferdinandといったアーティストが「SXSW」での受賞や出演を機に世界的なブレイクを果たすなど、スタートアップやカルチャーシーンにおいて、重要な役割を果たしてきました。
https://www.sxsw.com/

 

● 10841 KYOTO コミッティとは?

“Ten Thousand Eight Hundred Forty One”は京都・関西のイノベーター達がSXSWを舞台として、これからの未来社会イメージを自由奔放に描き出し、熱く語り合う攪拌と異種配合の為の実験空間です。10841 KYOTO コミッティは、実験空間をサポートする有志の集まりです。(*「10841」は、オースティンと京都の間の距離である 10,841 km に由来します。 )

▼ 10841 KYOTO コミッティ 参加メンバー(*五十音順)
井口 尊仁(DOKI DOKI, INC. ファウンダーCEO)
木下 浩佑(FabCafe Kyoto / MTRL)
曽我 浩太郎(VISIONGRAPH Inc. Co-founder)
野中 朋美(立命館大学食マネジメント学部 准教授)
福田 卿也(株式会社博報堂 ビジネスデザイナー)
牧野 成将(株式会社Monozukuri Ventures 代表取締役)

 

PROGRAM

Coming soon

FabCafe Kyotoを会場に、1日を通して様々なプログラムを実施します。(*プログラムは随時追加・更新されます。)

 

● 各プログラムへの入場について
※事前のお申し込みは不要です。会場へ直接お越しください。
※入場料は無料です。
※来場者多数の場合は、入場を制限させていただく可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

Organizer

共催 : 10841 KYOTO コミッティ・SXSW Japan Office

● SXSWとは?

毎年3月にアメリカテキサス州オースティンで開催される、音楽、映画、インタラクティブをテーマにした巨大ビジネスカンファレンス&フェスティバルです。
1987年にインディーズの音楽祭としてはじまり、のちに映画とインタラクティブを加えて、現在は10日間で数万人を集める世界最大級のイベントになっています。10日間で開催地オースティンにもたらす経済効果は約380億円。行政・民間・市民ボランティアが連携して行なわれる、30年間続くイベントです。これまでにTwitter、Pinterest、Spotifyなどのネット系サービスや、The White Stripes、Norah Jones、Franz Ferdinandといったアーティストが「SXSW」での受賞や出演を機に世界的なブレイクを果たすなど、スタートアップやカルチャーシーンにおいて、重要な役割を果たしてきました。
https://www.sxsw.com/

 

● 10841 KYOTO コミッティとは?

“Ten Thousand Eight Hundred Forty One”は京都・関西のイノベーター達がSXSWを舞台として、これからの未来社会イメージを自由奔放に描き出し、熱く語り合う攪拌と異種配合の為の実験空間です。10841 KYOTO コミッティは、実験空間をサポートする有志の集まりです。(*「10841」は、オースティンと京都の間の距離である 10,841 km に由来します。 )

▼ 10841 KYOTO コミッティ 参加メンバー(*五十音順)
井口 尊仁(DOKI DOKI, INC. ファウンダーCEO)
木下 浩佑(FabCafe Kyoto / MTRL)
曽我 浩太郎(VISIONGRAPH Inc. Co-founder)
野中 朋美(立命館大学食マネジメント学部 准教授)
福田 卿也(株式会社博報堂 ビジネスデザイナー)
牧野 成将(株式会社Monozukuri Ventures 代表取締役)

 

OUTLINE

開催日 2020/02/23(日) 11:00–20:30 入場無料 / 予約不要(開場 10:30 )
場 所 FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)
京都府京都市下京区本塩竈町554

▼電車でのアクセス
JR京都駅から徒歩20分
京都市営地下鉄烏丸線五条駅から徒歩10分
阪急電鉄京都線河原町駅から徒歩15分
京阪電鉄清水五条駅から徒歩5分

▼バスでのアクセス
京都駅から4・17・205号系統 五条河原町下車徒歩3分
※駐車場はありません。近隣の施設をご利用ください。
参加費 無料

※事前のお申し込みは不要です。会場へ直接お越しください。
※入場料は無料です。
※来場者多数の場合は、入場を制限させていただく可能性がございますので、あらかじめご了承ください。