TALK EVENT

Haptic Design Meetup vol.3 Haptic ×(Entertainment)Design

2017/09/04(月) 19:00〜21:00

FabCafe MTRL MAP

55/60

hapticmeetup0423_メインイメージPC用

Haptic ×( ___ )Design?

「触れる」から新しいデザインの可能性を探求するHaptic Design Project。今さまざまな業界より注目高まる、触れるデザイン分野Haptic Design。Haptic Design Projectは、ヒトの五感のひとつである触覚に基づくデザインであり、身体を通じて自己と世界をつなぐ身体感覚中心のデザインでもあるこの新たなデザイン分野を、研究分野とデザイン分野の融合によって探求する取り組みです。
Haptic Design Projectは、触業(=HAPTIC DESIGNER)の誕生をゴールに2016年より始動し、初のアワードでは70を超える盛り上がりをみせました。本年度のテーマは、触れるデザインのデザイン手法=「わざ」の言語化です。
デザインの方法として既にHaptic Designを実践しているデザイナー/研究者が、着想から実際の制作プロセスを共有し、Haptic Designを実践するノウハウをみなさんと考えます。

haptic_logo

>>>hapticdesign.org<<<

image5
Haptic Design Meetupは、Haptic Designを考える方の探求の場として隔月ペースで開催していきます。本イベントを通して「ふれるを考える」「ふれるをつくる」機会としていきます。

image11
写真:HajimeKato

Haptic ×(Entertainment)Design

Haptic Design Meetup、3回目のテーマは(Entertainment)Design。
映画館に導入されはじめている4DXやVRを体験できるゲームセンター、繊細な触感を体感できるゲーム機が発売されるなどエンターテイメントの分野でさまざまな触覚技術が普及しつつあります。
体験者同士がこれまで主だった視覚聴覚の共有だけでなく、Hapticを共有することでより豊かな体験の共有が可能となります。
今回はエンターテイメントの世界で触覚技術を扱っている方々をゲストにみなさんとHapticに関して探求したいと思います。

今回のゲストは、ゲームのミドルウェアを開発されているサウンドデザイナーの株式会社CRI・ミドルウェアの川口貴志さん、ソニー株式会社にて自社グループの映画コンテンツや舞台演劇などに用いるインタラクション技術を開発されている横山諒さん、電気通信大学にて触覚を中心としたバーチャルリアリティの研究開発をされている梶本裕之先生です。
Haptic Designにおける(Entertainment)Designの手法を言語化し「わざ」化することを試みます。

image15

Haptic Design Meetup vol.3 ー Haptic ×(Entertainment)Design
日時:2017年9月4日(月)19:00-21:00(開場:18:30〜)
会場:FabCafe MTRL
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目22−7 道玄坂ピア2F
登壇者:梶本裕之/川口貴志/横山諒/南澤孝太/金箱淳一/小原和也
定員:60名
参加費:1,000円(ワンドリンク付き)※領収書発行可

【プログラム】
19:00 ~ 19:05 オープニング     進行:小原和也(株式会社ロフトワーク)
19:05 ~ 19:10 挨拶         南澤孝太(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)
19:10 ~ 19:25 プレゼンテーション1    川口 貴志(株式会社CRI・ミドルウェア)
19:25 ~ 19:40 プレゼンテーション2   横山 諒(ソニー株式会社)
19:40 ~ 20:00 プレゼンテーション3 梶本 裕之(電気通信大学)
20:00 ~ 20:30 ディスカッション    川口 貴志 × 横山 諒 × 梶本 裕之 × 南澤孝太
20:30 ~ 21:00 ハンズオンデモ・ネットワーキング

【登壇者】

SONY DSC

梶本 裕之/Hiroyuki Kajimoto
電気通信大学 情報理工学研究科 准教授

2003年 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻単位取得退学,2004年博士(東京大学,情報理工学).
触覚を中心としたバーチャルリアリティの研究,触覚の医療福祉応用に関する研究開発等を行い,Haptics Symposium,EuroHaptics,SIGGRAPH Emerging Technologies 等における研究発表を行う. 日本バーチャルリアリティ学会理事.

image15

image2

image9

image23

川口 貴志/Takashi Kawaguchi
株式会社CRI・ミドルウェア / ゲーム事業推進部 オーディオリード)

ゲーム業界と音楽業界を半分ずつ経験してきた、エンジニア寄りのサウンドデザイナー、ディレクター。1998年よりゲーム会社、ネットベンチャー、音楽制作会社、フリーランスを経て2015年、CRIに入社。ゲームにおける音の演出ノウハウを活かし、主に音響デザインと触覚デザインの研究をしつつ、ミドルウェアのエヴァンジェリストとしてスマートフォンアプリ、VRコンテンツ、配信サービスなど体験の向上に努めている。

image12

横山 諒/Ryo Yokoyama
ソニー株式会社 / システム研究開発本部 インタラクション技術開発部

東京工業大学大学院にて、信号処理・画像処理に関する研究に従事し、2015年ソニー株式会社へ入社。新たな感動体験を創出するため、視覚・聴覚・触覚などのあらゆるモーダルを融合する、インタラクション技術を研究開発している。また、ハプティックデザイナーとしての活動もあり、自社グループの映画コンテンツや、舞台演劇とコラボするなど、エンターテインメントとしての体験価値の具体化に取り組んでいる。

image1

image18

 

【オーガナイザー】

image10

金箱 淳一/Junichi Kanebako
慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 研究員

楽器インタフェース研究者、博士(感性科学)。玩具の企画、美大助手を経て、現在、慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 研究員。健常者と障害者が共に音楽を楽しむための「共遊楽器(造語)」を研究している。

 

image13

小原和也(弁慶)/Kazuya Ohara
株式会社ロフトワーク/FabCafe MTRLプロデューサー

2015年ロフトワークに入社、プロジェクトスペースFabCafe MTRLプロデューサーとして新しい価値創出に向けたコミュニティ、プロジェクト、新規事業の創出に携わる。編著に『ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する』(フィルムアート社、2015)がある。あだ名は弁慶。

【ホスト】

image4

南澤孝太/Kouta Minamizawa
慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科(KMD) 准教授

2010年 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻博士課程修了、博士(情報理工学)。 触覚を活用し身体的経験を伝える触覚メディア・身体性メディアの研究を行い、SIGGRAPH Emerging Technologies 等における研究発表、テクタイルの活動を通じた触覚技術の普及展開、産学連携による身体性メディアの社会実装を推進。 日本バーチャルリアリティ学会理事、超人スポーツ協会理事/事務局長、JST ACCELプログラムマネージャー補佐を兼務。

mu1

主催:Haptic Design Project

image9

協力:JST ACCEL 身体性メディアプロジェクト

INFORMATION

Haptic Design Meetup vol.3 Haptic ×(Entertainment)Design

日 時 2017/09/04(月) 19:00〜21:00
18:30開場
場 所 FabCafe MTRL
参加費 1,000円 ワンドリンク付き ※領収書発行可
定 員 60名
55/60
FabCafe MTRL
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F