EVENT

COURIER #2 今、グローバルビジネスのチャンスがあるのはどの都市か?アメリカとアジア、グローバルビジネス&スタートアップ進出事情

2017/11/10(金) 18:30-22:00

loftwork COOOP(コープ) MAP

image1グローバルスタートアップの聖地であるアメリカ・シリコンバレー、そして若いエネルギーが集積し盛り上がりを見せる東南アジア各都市。

今、グローバルビジネスのチャンスがあるのはどの都市か?

当然、製品とサービスのジャンル、市場とターゲット、戦略、コネクションなど、考慮すべき要素は数多くあります。今回の「COURIER」では、各地域に精通したビジネスリーダー達がそれぞれの都市でのビジネス経験、成功や失敗のポイントを語り、そして世界を目指すスタートアップ/プロジェクト ショートプレゼンテーションが行われることで、海外進出を目指す企業の新規事業/スタートアップに向けて、世界に旅立つための実践的なヒントとネットワークを提供する場にしたいと思います。

COURIERとは

株式会社ロフトワークとFabCafe、MTRLによる「世界」をターゲットにするイノベーターのためのプログラムとオープンコミュニティです。
「SpaceX が月に人を送り出す時代、シンギュラリティの到来が真面目に検討される時代、日本人が本物のイノベーションを巻き起こせる主役として、もう一度世界を見るための「旅」を仕掛けてみたい。
COURIERは、日本人が改めて世界にイノベーションを届けるための、新しい地図と宿になろうとしています。FabCafeのグローバルネットワークが、日本人イノベーター達の「旅」の拠点になる。そこで英気を養い、土地勘を磨いて、有為な人たちとの出会いをもたらし、発表の場となり、世界のイノベーター達の旅のターミナルとして、クリエーター同士や、クリエーティブなアイデアやプロダクトとの化学反応の現場になる。イノベーター、そして起業家は、そういう旅の連続で育っていくものだとも思うのです。」
ー COURIER チーフ・エヴァンジェリスト 井口尊仁氏のブログより抜粋

image13

日時:11/10(金)  19:00〜21:20(22:00終了)
場所:Loftwork COOOP 10
対象:グローバルに進出したいと考えているスタートアップや企業担当者、新規事業担当者、海外のグローバルビジネス事情を知りたい人
定員:50人
参加費用:無料

PROGRAM

オープニングトーク:ロフトワーク代表取締役社長 諏訪光洋(19:00〜19:10)

日本人がシリコンバレーで通用するには何が必要か:Pacific Sky Partners代表 村瀬功 (19:10〜19:30)
・シリコンバレーの最新事情
・シリコンバレーのエコシステムに入るのが難しい理由
・シリコンバレーのエコシステムに入って成功するポイント、失敗する人の例

東海岸のビジネス事情とグローバル広報のやり方:株式会社ネットワークコミュニケーションズ 代表取締役 岡田直子(19:30〜19:50)
・ワシントンDCを中心とする東海岸事情
・グローバル広報の方法論(香港、ワシントンなど)

日本のモノやサービスを世界に届ける方法論:株式会社ロフトワーク 二本柳友彦、株式会社 Culture Generation Japan 堀田卓哉(19:50〜20:10)
・どんなものが世界に受け入れるのか

BREAK(20:10〜20:20)

アジアのスタートアップ進出事情:池田将 | THE BRIDGE 共同創業者 兼 ブロガー(20:20〜20:40)
・アジアにはどんなスタートアップが進出しているか
・どの分野、どの都市が盛り上がっているか

FabCafeのグローバルネットワークの作り方:FabCafe LLP nternational Communications Coordinator/Barista  Kelsie Stewart(ケルシー・スチュワート)(20:40〜20:50)
・FabCafeのユニークなグローバル展開モデル
・FabCafeにJoinするための「Playbook」

世界を目指すスタートアップ/プロジェクト ショートプレゼンテーション(20:50〜21:05)
・インターネットから世界平和を作るスタートアップ「ヒストリア」:the Babels株式会社 CEO 大西ラドクリフ貴士
・ひとりひとりの爪の形状にぴったり合ったネイルチップサービス「オープンネイル」:株会社デジネル/株式会社デジタルアルティザン CEO 原雄司

…さらにスピーカー追加予定!

パネルディスカッション「今、グローバルビジネスのチャンスがあるのはどの都市か?アメリカとアジア、グローバルビジネス&スタートアップ進出事情」(21:05〜21:30)

ネットワーキング(22:00まで)

 

SPEAKERS

image11

諏訪 光洋 | 株式会社ロフトワーク 代表取締役社長

1971年米国サンディエゴ生まれ。慶応大学総合政策学部(SFC)を卒業後、JapanTimes社が設立したFMラジオ局「InterFM」(FMインターウェーブ株式会社)立ち上げに参画。クリエイティブ業務を経た後、同局最初のクリエイティブディレクターへ就任。1997年渡米。School of Visual Arts Digital Arts専攻を経て、NYでデザイナーとして活動。2000年にロフトワークを起業。

image_preview

村瀬功 | Pacific Sky Partners代表

1994年慶應義塾大学環境情報学部卒。ソフトウェアエンジニアとしてソニー入社後、1998年にパソコンVAIOのプロダクトマネージャーとしてシリコンバレーに赴任。米国PlayStation Network、光ドライブ事業、UX開発におけるスタートアップとの協業などを経て、2013年に米国ソニーを退社。
日系ベンチャーキャピタルのシリコンバレーオフィス代表としてKDDI、三井不動産などのCVCファンドからのアメリカのスタートアップへの投資を担当。シードからレイトステージまで幅広く14社への投資をリードし、18社のポートフォリオをマネージ。2017年独立しPacific Sky Partnersを創業。
image_preview (1)

岡田直子 | 株式会社ネットワークコミュニケーションズ 代表取締役

広島県広島市出身。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。外資系メーカーにて営業として勤務した後、ソフトウェア開発のベンチャー企業に転職。営業を経験。同時に立教大学大学院ビジネスデザイン研究科にてMBA取得。その後価格比較サイトを運営する株式会社ECナビ(現 Voyage Group)に入社。広報機能を立ち上げる。広報の立ち上げから1ヶ月で新聞、インターネットなどへの露出が増え、現在ではテレビや雑誌、新聞などで毎週のように情報が取り上げられるようになる。後、経営本部長、広報室長を経て2009年3月末に退社。同年7月に株式会社ネットワークコミュニケーションズを立ちあげ。これまで、ITやファッション、化粧品、バイオテクノロジー分野など他分野に渡る企業のブランディングの実績を持つ他、広報担当者の育成にも注力しており「広報活動」やコミュニケーションテクニックに関する講演活動に参加することで、 スタートアップ企業の支援にも取り組んでいる。2011年6月1日より、一般社団法人オープンソースライセンス研究所理事。

image2

二本栁友彦(にほんやなぎ・ともひこ)| 株式会社ロフトワーク 無所属

1977年大阪府岸和田生まれ。千葉大学卒業後、建築設計事務所に勤務。その後、廃校活用施設「ⅡD 世田谷ものづくり学校」に勤務し、ワークショップ・イベント・展示の企画を担当したのち、企画室長・広報としてマネジメントを経験。2014年ロフトワークに入社し、地域産業とクリエイティブを融合させ、国内外問わずマーケットの獲得を目指すプロジェクトを中心に、行政、コミュニティ、空間に関連する業務を担当している。また、本業の傍ら日本全国を活動拠点とし、スペース活用やコミュニティ構築、イベント企画などを手がける。旧姓は秋元。

image_preview (2)

堀田卓也|株式会社 Culture Generation Japan 代表取締役

大学卒業後、株式会社セリク入社。フランスの技術や商品を日本企業に導入する仕事に携わる。その後モナコ大学でMBAを取得し、2006年より株式会社ホンダコンサルティングに。HONDAグループの経営再建を行う。2011年、株式会社Culture Generation Japanを設立。東京都美術館との『Tokyo Crafts&Design』ほか、伝統工芸品やその技術を国内外へ広く紹介している。TCI研究所・西堀耕太郎氏と共に、中小機構による「Next Market In」事業を進める。2016年には、パリ・マレ地区に日本の技術をフランスに発信する「アトリエ・ブランマント」設立に参画する。

 

image7

池田将 | THE BRIDGE 共同創業者 兼 ブロガー

1973年大阪生まれ。インターネット黎明期から、シンクタンクの依頼を受けて、シリコンバレーやアジアでIT企業の調査を開始。各種システム構築、ニッポン放送のラジオ・ネット連動番組の技術アドバイザー、VCのデューデリジェンスに従事。SI、コンサルティング会社などを設立。これまでに、産経新聞、インターネットマガジンなどにスタートアップやインターネット・サービスに関するコラムを連載。日本国内外の企業やスタートアップの異市場向け進出・参入をメディアの立場から支援している。

 kelsie
Kelsie Stewart(ケルシー・スチュワート) | FabCafe LLP nternational Communications Coordinator/Barista

アメリカ・フロリダ州出身。フロリダ大学で知覚心理学、主に味覚・嗅覚を学び、その後フロリダ大学大学院で現代の日本における宗教と社会の関わりについて研究を行う。同時にVolta Coffe, Tea and Chocolatesでバリスタとしての経験を積み、2014年にBig Eastern Regional Barista Championshipに出場。そして2013年から3年間、文部科学省のJET Programを通じて、福岡で英語教師を務める。2017年ロフトワークに入社し、FabCafeのバリスタ兼、インターナショナルコミュニケーションコーディネーターを務める。趣味はフィルム写真と自転車。

 

世界を目指すスタートアップ/プロジェクト ショートプレゼンテーション

image4

大西ラドクリフ貴士│the Babels株式会社 CEO

1988年兵庫生まれ。横浜市立大学卒業後、RECRUITに新卒入社。社内新規事業制度Newringでグランプリを獲得し、Media Technology Lab.にてProduct Managerを経験。その後、Recruit VenturesでOpen Innovation戦略担当として大手企業との協業事業制度を企画、Recruit LifestyleでUX DesignerとしてFintechプロダクトを担当。2017年4月末に同社を退職。”Product for Peace”を掲げるthe Babels株式会社を創業、代表取締役社長CEOに就任。 世界平和をインターネットからつくる。

 

image9

原雄司|株式会社デジネル/株式会社デジタルアルティザン CEO

通信機メーカーの試作現場に就職後、大手3次元CAD/CAMメーカーに転職し、開発責任者、子会社社長、IR担当などを経験。前職で代表を勤めていた㈱ケイズデザインラボで、切削RPやデジタルシボD3テクスチャー®などを考案し、2012年東京都ベンチャー技術大賞奨励賞を受賞。新しいプロセスに取り組み、製造業、アート、医療、エンターテインメントまで、分野を横断して3Dデジタルものづくりに関わって30年以上になる。2017年夏に2つの新会社を設立し、デジタル技術を活用したコンサルティング会社「㈱デジネル」と、高度なデジタルスキルをもった人材による支援サービス会社「㈱デジタルアルティザン」をスタート。

INFORMATION

COURIER #2 今、グローバルビジネスのチャンスがあるのはどの都市か?アメリカとアジア、グローバルビジネス&スタートアップ進出事情

日 時 2017/11/10(金) 18:30-22:00
場 所 loftwork COOOP(コープ)
参加費 無料 
定 員 50名
loftwork COOOP(コープ)
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア10F