TALK EVENT

BioClub × YouFab2017 Amy Karle トークイベント - How Biotechnology can used to unlock human creativity ?-

2018/02/13(火) 19:00-21:00

FabCafe Tokyo MAP

MTRL_1600x700px

BioClubがお届けするバイオテクノロジーとクリエイティブをテーマにしたトークイベント。2018年第一弾はYouFab Creative Gloval Awards 2017でグランプリを受賞したエイミー・カール(Amy Karle)をゲストに迎えます。

image1

– How Bio technology can used to unlock human creativity ? –
芸術家として長いキャリアを持つエイミーは、様々な研究者とともにテクノロジーを駆使した作品を「開発」してきました。彼女への質問者としてYouFab2017ファイナリストの川崎和也も登壇し、グランプリを受賞した作品「Regenerative Reliquary」を中心にバイオテクノロジーと人間の創造性についてをお話いただきます。

細胞培養は、バイオテクノロジーの分野でもバイオアートでも以前から積極的に検討されてきた領域です。この作品は、手を培養することで、生命感を表現することに成功していると思います。しかも、一方で骨ということで死を感じさせつつ、他方で細胞培養によって生について感じることができます。生と死は別々のものではなく、パラレルに存在するものなのだということを表していると思います。(YouFab審査員 / 福原志保)

日時:2018 2/13(火) 18:30 / 開場 19:00 / 開始 (21:00終予定)
会場:FabCafe Tokyo
エントランス:1500円(1ドリンク付き)
ゲスト:エイミー・カール(アーティスト)、川崎和也(YouFab2017ファイナリスト)
進行:石塚千晃(BioClub)、 Kelsie Stewart(YouFab)
申し込み: https://peatix.com/event/345668

 

◆ゲストプロフィール

image2

エイミー・カール(Amy Karle)

バイオアーティストの第一人者で、アート、デザイン、科学、そしてテクノロジーのユニークな対話を通じて、
人体をテーマにして人間であることの意味を探っている。
アルフレッド大学とコーネル大学で美術とデザインと哲学の学位を取得。
Conceptual Art Technologies共同設立者。これまでに世界46以上の展覧会で作品を発表している。

受賞詳細ページ
http://www.youfab.info/2017/winners/regenerative-reliquary?lang=ja

 

 

川崎和也

YouFab2017ファイナリスト。バイオマテリアルを前提としたのファッションデザインの新しい表現を探求している。
http://www.youfab.info/2017/winners/biological-tailor-made-2-5-dimensional-fashion-pattern-cutting?lang=ja

 

In this BioClub Meeting, we have invited YouFab Creative Global Awards 2017 Grand Prize Winner, Amy Karle, to have an Artist Talk at FabCafe. This event will be held in English with some Japanese translation.

Theme:
– How can biotechnology be used to unlock human creativity ? –

Artist Amy Karle is a pioneering bioartist who uses the body to explore what it means to be human through a unique negotiation of art, design, science and technology.

Leveraging the intelligence of human stem cells, she created “Regenerative Reliquary”, a bioprinted scaffold in the shape of a human hand design, 3D printed on the microscopic level in a biodegradable pegda hydrogel. The sculpture is installed in a bioreactor, with the intention that human Mesenchymal stem cells from an adult donor seeded onto that design will eventually grow into tissue and mineralize into bone along that scaffold.

Referencing the traditional presentation of relics in their reliquaries, “Regenerative Reliquary” is a finely detailed skeleton-like sculpture encased in the mechanical womb of a glass bioreactor. Instead of enshrining the inanimate remains left after death as a memorial to the life that was once there, “Regenerative Reliquary” presents the opposite, depicting the possibility of life from an inanimate object.

Karle’s bioartwork establishes a new form of artwork and helps to establish this emerging field in the art world. Her work also expands opportunities for biomedical applications, healing and enhancing our bodies, and making things that were never possible to create before.


・Date:2018 2/13(Tuesday) 18:30 / Open 19:00 / Talk Begins (until 21:00)
・Place:FabCafe Tokyo
・Cost:1500円(Includes 1 Drink)
・Guests:Amy Karle (Bioartist)、Kazuya Kawasaki(YouFab2017 Finalist)
・Moderators:Chiaki Ishizuka(BioClub)、Kelsie Stewart(YouFab
・To Purchase Tickets in Advance: https://peatix.com/event/345668

INFORMATION

BioClub × YouFab2017 Amy Karle トークイベント - How Biotechnology can used to unlock human creativity ?-

日 時 2018/02/13(火) 19:00-21:00
場 所 FabCafe Tokyo
参加費 1,500円 ワンドリンク付き
定 員 40名
FabCafe Tokyo
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F