EVENT

デジタルツインの夜明け -Dawn of the Digital twin- ーVRスタートアップ創業者と、京都のデザインファーム代表が、仮想世界と現実世界の融合する時代を語り合う。

2019/01/06(日) 15:00〜18:00

MTRL KYOTO MAP

20/20

MTRL KYOTO より

本イベントは、DVERSE Inc.の沼倉正吾氏と、デザインファームnijo inc.の中島功氏の共同企画イベントです。

概要

VRスタートアップの最先端で世界を臨むシンメトリーCEO沼倉正吾とソニー出身で京都から新たな文化の創造を図るデザインファーム nijo inc.代表の中島功が、新年の京都でデジタルツイン(=デジタル世界に複製された現実空間)が当たり前になる近未来をリアルに語り尽くします。

本イベントは、デジタルとフィジカルの未来についてVRやデザインの観点から話し合うディスカッションイベントです。
お正月あけ、和室でちゃぶ台を囲んで和気藹々とディスカッション。どうぞご参加下さい。

タイムテーブル

  • 15:00:開場、順次受付
  • 15:10:開始。運営より挨拶
  • 15:20:各自自己紹介
  • 15:40:モデレーターより説明&ディスカッション
  • 16:40:中間まとめ、休憩
  • 17:30:まとめ、終わりの挨拶
  • 18:00:閉館

こんな人におすすめ

  • XR(VR, AR, MRの総称)によりアート、デザイン、建築、コミュニケ―ションがどのように変わるのか興味のある方
  • 「デジタルツイン」、「インダストリー4.0」とは何かを知りたい方
  • XR(VR, AR, MR,の総称)がもたらす真価とは何かを知りたい方

プレゼンター

沼倉 正吾(DVERSE Inc.)


16歳、ロックスターを目指してバンド活動をしながらパソコン通信の草の根BBSのSYSOPのアルバイト、秋葉原の輸入CD-ROMショップ、中古PC&ゲームショップ、台湾の家電量販店12店舗の運営、米国玩具メーカーの営業を経て、2004年、株式会社ナスカークラフトを設立。代表取締役として、ゲームソフト開発、携帯・スマートフォンアプリ開発、クラウド映像配信サービス開発など新規事業を行う。2014年にVRソフトウェア開発を専門としたDVERSE Inc.を米国に設立。同社CEOとして、様々な企業とのVRに関する共同研究開発を行う。2016年より、頭の中のアイデア・イメージを鏡のように相手に伝えるビジネス向けxRソフト「SYMMETRY(シンメトリー)」の開発を行っている。EY Innovative Startup 2017、WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017受賞、他。
DVERSE Inc.

沼倉 正吾

“SYMMETRY”

我々は「SYMMETRY」というプロダクトの開発をしています。
SYMMETRYは3DCADや点群データを取り込んで自動的にXRに変換してその世界の中でコミュニケーションを可能にするソフトです。

XRの登場により、フィジカルカル空間のあらゆるデータがデジタル化され、この世界の双子であるデジタル・ツインが作り出されます。次にこのデジタルツインで行ったアクションがフィジカル空間に反映されていくことになります。これはフィジカルとデジタルが限りなくリアルタイムに同一化された世界です。

symmetery

我々の開発するSYMMETRYもフィジカルとデジタルをシンメトリーさせることで、どちらもが真でもなく、どちらもが真である本当のMixed Realityを作ろうとしています。

中島 功(nijo inc.)

1982年生まれ。
2008年 京都大学大学院工学研究科修了。
ソニーに入社し、事業部にて海外マーケティングを担当。
ソニーのデザイン部門であるクリエイティブセンターに異動し、デザイン戦略・デザインリサーチを担当。様々な開発プロジェクトに関わったのちに退社。
2017年 京都にてデザインコンサルティングファーム nijo inc.設立。
学生時代は建築・ランドスケープデザインを専攻。
VRのアートプラットフォームの開発プロジェクトが進行中。
nijo inc.

中島 功

“nijo”

nijoは世の中を特異な角度で見つめるデザインコンサルティングファームです。
慣習的なものごとの考え方とは異なる切り口を見出すことにより、今までにない価値を追求します。

起きて半畳、寝て一畳。新たな文化を生む二畳。

nijoは世の中に表出した様々な事象のリサーチを通じて、ユニークなコンセプトを創出します。
そして持続可能なビジネス戦略とともに、新しいサービス・スペース・プロダクトを実現させます。

nijo

モデレーター

井口 尊仁

DOKI DOKI, INC. Founder CEO and Telepathy Fellow
立命館大学文学部哲学科卒業

2009年、拡張現実アプリ「セカイカメラ」を世界中でローンチ。300万ダウンロード超のヒットでテッククランチのベストモバイルアプリのファイナリストに選ばれる。2013年、グーグルグラスの有力な対抗馬としてフォーブスはじめ世界中のメディアから評価されるTelepathyを発表する。現在サンフランシスコと京都を拠点に、DOKI DOKI, INC.で活動している。新しい地球規模のコミュニケーションを再発明する試みにチャレンジする毎日。
DOKI DOKI Inc.

井口 尊仁

INFORMATION

デジタルツインの夜明け -Dawn of the Digital twin- ーVRスタートアップ創業者と、京都のデザインファーム代表が、仮想世界と現実世界の融合する時代を語り合う。

日 時 2019/01/06(日) 15:00〜18:00
場 所 MTRL KYOTO
参加費 500円 (1drink include)
定 員 20名
企 画 沼倉 正吾(DVERSE Inc.),中島 功(nijo inc.)
20/20
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554