EVENT

TALK SESSION 「澁谷征司とFabian Hammerl 日独2人の写真家の対話」 KYOTO ART HOSTEL kumagusuku 主催企画

2018/04/19(木) 19:00〜20:30

MTRL KYOTO MAP

7/30

MTRL KYOTOより

本イベントは、”アート”と”ホステル”が融合した宿泊型アートスペース KYOTO ART HOSTEL kumagusuku 主催による、二人の写真家を招いてのトークセッションです。

日本とドイツで同じ1970年代に生まれた2人の写真家、澁谷征司 と Fabian Hammerl のトークセッションを開催します。日本とドイツという遠く離れた土地で生まれ育った同年代の2人は、この同じ世界を異なった眼差しで見つめています。澁谷が語る「私たちの行動は、想像力だけで出来ている」という言葉。その言葉がこの2人の写真家の対話の出発点となりそうです。

澁谷征司は現在、kumagusukuで個展「A CHILD」(8月19日まで), 東京・新宿B GALLERYで「A CHILD,Tokyo.」(4月22日まで)を開催中。また、Fabian HammerlはKYOTO GRAPHE KG+の一環として元・淳風小学校にて「Things as They」を開催中(4月11日〜22日)。

会場にて、澁谷征司写真集「A CHILD」(税別¥13000,文芸春秋社,2017)の展示販売を行います。また、Fabian Hammerlが2014年に出版した小ブックレットが閲覧可能です。

a child 7
©︎澁谷征司

こんな人におすすめ

・写真を学んでいる方、学生
・写真、アート、異文化間の話題や対話に興味のある方
・京都を拠点とするアーティストや写真家
・Kyotographie/KG+ のために京都に訪れている方
・京都のドイツ人コミュニティに関心のある方

登壇者

Fabian Hammerl(ファビアン・ハメル)
pro_fabian1 
1971年生まれ。写真家。ドイツMuthesius Hochschule大学を卒業し、ドイツ、ハンブルグを拠点に活動中。
KYOTO GRAPHIE KG+プログラムとして長期シリーズ「Things as They」を元・淳風小学校で発表中(4月11日-4月22日)
http://www.fabian-hammerl.de/

fabianhammerl


澁谷征司
ph_shibuya

1975年 東京出身。独学で写真を始める。現在、kumagusukuで個展「A CHILD」(8月19日まで)、東京B GALLERYで『A CHILD,Tokyo.』(4月22日まで)を開催中。
写真集に『BIRTH』(2008年、赤々舎)『DANCE』(2010年、赤々舎)がある
http://www.seijishibuya.com/

a child 1

a child 3

ファシリテーター

増本泰斗
1981年生まれ。東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻写真領域修了。アート、ウェブ、フードなど複層的にかつ横断的に活動している。主な実践として、食べものと表現の関係を分析するEpicurean Painting(田中和人との協働企画)、社会の問題について実験的な理論を試作するGrêmio Recreativo Escola de Política、もうひとつのグローバリズムを探るThe Academy of Alter-globalization、Picnic(杉田敦との協働企画)、bar spiritual fitness(吉濱翔との協働企画)、青空カラオケなどがある。

INFORMATION

TALK SESSION 「澁谷征司とFabian Hammerl 日独2人の写真家の対話」 KYOTO ART HOSTEL kumagusuku 主催企画

日 時 2018/04/19(木) 19:00〜20:30
(開場 18:30)
場 所 MTRL KYOTO
参加費 無料 *入場時に、別途1ドリンクオーダー(500円)が必要です。
定 員 30名
企 画 主催:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku / 協力:MTRL KYOTO
備 考 (一部英語でのトーク・ディスカッションが行われます。通訳あり)
7/30
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554