EVENT

緊急開催:書籍『マイパブリックとグランドレベル』出版記念トークイベント “私の公共”について考える【ゲスト:田中元子さん×榊原充大さん】

2018/02/21(水) 19:30〜21:00

MTRL KYOTO MAP

39/50

*好評につき増席しました。(2018.2.20)

“私の公共”について考える

書籍 『マイパブリックとグランドレベル』 出版記念トークイベント京都編を緊急開催!
著者の田中元子さんに加え、ゲストに建築家 / リサーチャーの榊原充大さんを迎え、対談形式で実施します。

mypublic_book

グランドレベルは、パブリックとプライベートの交差点。そこが活性化すると、まちは面白く元気になる。欲しい公共は、マイパブリックの精神でつくっちゃおう。あたらしい「まちづくり」のバイブルが、ここに誕生。

=====

この本は、前半の「マイパブリック編」と後半の「グランドレベル編」 で構成されています。

前半では、「マイパブリック」について説明します。「マイパブリック」とは、筆者がつくった造語です。直訳すると“私の公共”。私ひとりでも公共がつくれる。それがどうして、今の時代に大切なのか。気づきと、まちでの具現化を繰り返すなかで見えてきたものとは!?

後半では、「マイパブリック」の視座によって見えてきた「グランドレベル」の見方、考え方について話を進めます。世界の事例もはさみながら、日本の都市やまちや建築が見落としてきた大切なポイントを紡ぎ出していきます。

(▲ グランドレベル 公式websiteより引用 )

個人が積極的に関わることでつくられる公共空間(パブリックスペース)のあり方とは?
“私の公共”をキーワードに考える一夜、ぜひビール片手にお気軽にご参加ください。

なお、本イベントは、同日昼に開催される京都精華大学ポピュラーカルチャー学部オープン講義のいわば「B面」にあたるものでもあります。ご都合がつく方は、昼の部とあわせてのご参加も大歓迎です。

こんな方におすすめ

・「まちづくり、パブリックスペース、公共空間、エリアマネジメント、社会実験、リノベーション、公園、建築設計、再開発事業、屋台…」といったキーワードに興味がある人
・「タクティカル・アーバニズム」に関心がある人
・小さな気づきと実践の繰り返しによる社会課題の解決プロセスに興味がある人

話し手

田中 元子(株式会社グランドレベル代表取締役社長)
pro_tanaka
1975年茨城県生まれ。独学で建築を学ぶ。2004年〜mosaki共同設立。2016年〜株式会社グランドレベル代表取締役社長。企画、執筆のほか、けんちく体操、アーバンキャンプ、パーソナル屋台など、都市や建築への関心と能動性を喚起させるため、さまざまな活動を展開している。近著に「マイパブリックとグランドレベル -今日から始めるまちづくり-」(晶文社)。喫茶ランドリーを企画運営。http://glevel.jp/

榊原 充大(建築家 / リサーチャー)
sakakibara
1984年愛知県生まれ。2007年神戸大学文学部人文学科芸術学専修卒業。建築に関する取材執筆、物件活用提案、調査成果物やアーカイブシステムの構築など、編集を軸にした事業を行う。2008年には、より多くの人が日常的に都市や建築へ関わるチャンネルを増やすことをねらいとし、建築リサーチ組織RADを共同で開始。寄稿書籍『レム・コールハースは何を変えたのか』(2014)、制作書籍に『LOG/OUT magazine ver.1.0』(2015)。2014年度から京都精華大学非常勤講師、2016年度から京都建築大学校非常勤講師。
http://sakakibaratank.tumblr.com/

INFORMATION

緊急開催:書籍『マイパブリックとグランドレベル』出版記念トークイベント “私の公共”について考える【ゲスト:田中元子さん×榊原充大さん】

日 時 2018/02/21(水) 19:30〜21:00
19:00 開場
場 所 MTRL KYOTO
参加費 1,500円 (1ドリンクチケット付)
定 員 50名
企 画 京都精華大学ポピュラーカルチャー学部永田ゼミ・MTRL KYOTO
39/50
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554